SNSで最新情報をチェック

東京でも台湾のようにゆったり朝ごはんが食べられる。そんな至福が台湾好きに噂を呼び、今では開店前は並ぶほどの人気店に。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

東京 豆漿生活(最寄駅:大崎広小路駅)

ほかほかの豆乳で迎える朝ご飯

1番のオススメは、店内で朝搾ったばかりの豆乳に特製のタレを加えた豆漿スープ。これ、寒い時期が特に美味しい。その日の朝に焼き上げたばかりの台湾のパンや注文後に揚げてくれる揚げパンと一緒に食べれば、もうすっかり気分は台湾の朝。

鹹豆漿(シェンドウジャン)

450円

パイのようなサクサクの生地に包まれた台湾パン。中には甘い餡や塩味の具が入っている


ごま入りの焼餅180円に葱蛋(ネギ入り卵焼き)180円と油条(揚げパン)100円を挟んだサンドイッチ※税別価格

東京 豆漿生活の店舗情報

[住所]東京都品川区西五反田1-20-3 MKYビル1階 [TEL]03-6417-0335 [営業時間]8時~14時(売り切れ終い) [休日]日 [席] 全18席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]東急池上線大崎広小路駅から徒歩2分※価格はすべて税別

電話番号 03-6417-0335

撮影/辻 茂樹 取材/岡本ジュン

2020年1月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...