SNSで最新情報をチェック

2020年は、すべての人が「仕事」「お金」「人間関係」などを通じて、自分の人生と真剣に向き合う1年となったに違いない。 12月はそんな1年を司ってきた七赤金星が支配するので、2020年を振り返る総決算の月として、特に自分にとっての「人生の悦び」と、もう一度向き合いたい。やり残したことはないか? あるならそれをきちんとやりきる1ヵ月にしよう!

画像ギャラリー

2020年の総決算! やり残しがないように1年を振り返り、2020年を締めくくろう!

2020年12月の全体運

新型コロナウイルスの出現で世界中が大騒ぎした2020年。
そんな1年を司った七赤金星という星は、「経済」「人間関係」「恋愛」「食」などを通じて、「人生の悦び」を教えてくれる星。
おそらく、すべての人がそれぞれにいろいろな形で、自分の人生を見つめ、向き合ったに違いない。
そして12月。
トドメを刺すように七赤金星が締めくくっていく。
さあ、もう一度、自分の人生を見直し、振り返り、2021年に向けてやり残しや持ち越しのないように、2020年の総決算をしよう!

「チキン」できちんと栄養を摂り、楽しい時間を過ごそう!

12月は、2020年を司ってきた七赤金星という星が動かしていく。
その最大のキーワードは「人生の悦び」。
年頭から新型コロナウイルスの出現で、社会の状況は一変した。
その渦中で、自分の人生をじっくりと考え直した人、新しい一歩を踏み出した人、なかには変化に気付きながらもじっと耐えている人、何もできずうろたえた人もいるかもしれない。
何を選んだとしても、それがその人にとってのその時のベストの選択で、何が正しくて何が間違いかではない。
でも、「もっとこうすればよかった」「こんなこともできたかもしれない」という思いを持っている人もいるだろう。
ということで、12月は2020年の棚卸しをぜひやってほしい!
「食べること」「喋ること」も七赤金星の大切なキーワード。
親しい人とテーブルを囲み、1年を振り返ることで新たな気づきがあるかもしれない。
そのとき、前向きに自分の「人生の悦び」と向き合い前進する力をサポートしてくれるのが、七赤金星の食象意「鶏肉」だ。
「鶏肉」は低カロリー、高たんぱくの食材で、外食はもちろん家庭でも手軽に摂れる。
しかも、体内では作れない「必須アミノ酸」が豊富で、肝臓の毒素を排出したり、肝臓に脂肪が貯蓄するのを防ぐなど、肝臓機能を高める効果が期待される「メチオニン」や、眼精疲労に効果的な「ビタミンA」など栄養面でもオススメ!
ちょうどクリスマスや忘年会シーズンで会食も増えるとき。
「焼き鳥」や「鶏鍋」「フライドチキン」など鶏肉を食しながら、楽しい時間を過ごそう!

12月に食べるべき、オススメの開運メシをチェック!

◎ブランド鳥を食べ比べできるお洒落で大人な焼き鳥屋さん☆

「やきとり」は正肉、皮、レバー、つくね……さまざまな味わいで食する者を悦ばせてくれる鳥料理の代表選手。

◎東京のおすすめ親子丼!一度は食べたい究極の6選

鶏肉と卵のハーモニーが絶品の親子丼。
人生の悦びも「誰とハーモナイズするか?」がポイントかも!

◎素通り不可能! 絶品の地鶏料理と秋田純米酒を味わえる日本酒バー

うまいお酒とのマッチングでさらにその味わいが深まる地鶏の鍋料理。
仲間と囲んで至福のときを!

九星別 12月の運勢はこちら!

「九星気学」とは、世の中に流れる「気」を9つの質や象意に分類し、運勢を読み解いていく学問です。
「運命は自ら切り拓く」という考えのもと、「気」の流れをとらえ、今が「攻め」なのか「待ち」なのか? 「動」なのか「静」なのか?
行動の指針として活用できます。
個人の九星は「生まれた年」により「本命星」として決まっています。
まずは下の九星 本命星一覧表から、生まれ年をもとに自分の「本命星」を調べ、今月の運勢を見てみましょう。

※九星気学では2月4日〜翌年2月3日を1年としているため、1月1日〜2月3日生まれの人は前年生まれとなります。
例)1966年1月15日生まれ → 1965年生まれ=八白土星

2020年、最も変化を体験した一白水星だが、
最後を締めくくる12月なのにどことなく体調がすぐれない。
年末で周囲は慌ただしく動くのに、自分だけ停滞感を感じると、
気ばかり焦ってケガをすることも。
なかには情報に踊らされることもありそうだ。
だた、進むばかりが能ではない。待つこともまた大切な行動。
周囲の流されることなく、むしろゆっくりゆったり構え、
2021年の「目標」を立てる余裕を持とう!

今年の出来事をこの1ヵ月でもう一度経験するような忙しさが再びやってくる12月。
あちこちから持ち込まれる案件に振り回されたり、
理不尽な出来事もあったりで、疲れはピークに!
しかし、そこからが二黒土星の実力が試されるとき。
どんな状況になっても明るく笑顔で!
些細なことで怒らない、文句を言わない!
責任感や誠意を持って事に当たることで、
信頼関係を築き、あなた自身のステップアップに!

冬の寒さがひと際厳しく感じることになりそうな12月。
何をやってもうまくいかない。手応えがない。
こんなはずじゃなかったのに……といった場面が多く、
本来明るくて活発さが売りの三碧も凹みがちに。
楽しいはずの会話も調子が出ずに拍子抜け。
それでも心は前向きに、来年に向けて準備を始めるのが◎!
そんななかで、ふだん見過ごしていた人の優しさや、思いやりに気づかされるかも。
体調管理もしっかりと!

「師走=師も走る」の例えのように、忙しさが増す12月。
人との交流も楽しく、人間関係も活発に。
なかには2021年へと気持ちがはやる四緑もいるが、
「急いては事を仕損じる」のでご注意を!
今はまだウォーミングアップのとき。
順番を守る、きちんと筋を通すなど、
身の回りや足元を整えることからしっかりとやっておくこと!
迷ったときは自分の考えに固執することなく、周囲に意見を仰ぎ、
従ってみることも大切だ。

今年最後の1ヵ月。
周囲はなんとなく賑やかで、時期的にも心がはずむことが増えてくる。
しかし、五黄土星には「どっしり構えて静かに過ごす」が◎。
目的地が設定されないと乗り物が決められないように、
ゴールを決めずただ走っても意味がない。
今月は動きたい気持ちを少し控え、自分自身との対話を!
外からはたくさんの情報も入ってくるが、
自分にとって必要か不必要かをしっかりと選り分けることがカギに。

2020年を締めくくる12月の運勢は絶好調!
自分の実力を出し惜しみすることなく発揮すれば、リーダーシップを取れるとき。
決して臆せず、「自信」と「責任感」を持って取り組もう!
積極的に行動する六白金星を周囲も応援してくれるはず。
なかには思いも掛けないところから協力者が現れることも。
周囲との協力や調和は、「新しい世界」を作るきっかけになるかも。
年末年始、和する心と人とのご縁を大切に!

12月の運勢の影響を最も受ける七赤金星。
どうしても詰めが甘くなりがちな七赤だが、
来年に向け、足元をしっかりと固めたいとき。
自分の果たす役割をしっかりと心に留めること!
決して「怒らず」「腐らず」で行動を!
やるべきことは自分と自分の周囲を楽しませ、悦ばせること。
家族と団欒し、仲間と語らい、感動を分かち合う。
自分と関わる人との親睦を深めることで、2020年をしっかりと締めくくろう!

八白土星にとって12月は、2020年の収穫をする時期。
どんな種をまき、育て、実をならせたか?
逆に言えば、自分で蒔いた種はきっちり刈り取っておかねばならない。
そんななかでも、刻一刻と変化は続く。
そのことを頭に置き、もう一度自分を振り返り、スイッチしていくことが大切だ。
今年は協力者を得てチームで行動することが、運気アップに繋がった八白。
もし孤独を感じるなら、今一度人間関係を見直してみよう!

誘いも増え、生活が賑やかになる12月。
九紫火星には「つい、うっかり」が起こりやすい。
やり慣れた仕事での小さなミスや、「これくらいなら」という油断が、
自分が思っていた以上のトラブルに発展する暗示!
またパーティや宴席での失言・失態は、
大切な人間関係に大打撃を与えるのでご注意を!
「賢さ」では九星イチを誇る九紫火星。
自分の知識や知恵を最大限に使い、日々ていねいに過ごすことが開運に。

鈴木彩夏
しゃべること、食べること、飲むこと大好きの七赤金星。
「九星気学」読み解きのおもしろさにハマり、ただいま絶賛開運中!

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...