SNSで最新情報をチェック

歴史や文化の繋がりを重んじるイタリア・トリノで修業した経験から、「日本の伝統食材、鯨肉も自分のスタイルで次世代に伝えたい」と積極的に取り入れているシェフの門脇さん。今回考えてくれた料理もご覧の通リのセンスの良さだ。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

オステリア クロチェッタ(最寄駅:四谷三丁目駅)

伝統の鯨肉の魅力をイタリアンで表現

スモークした赤肉を使うパスタは燻香をまとった軽やかな身とバターのソースが相性抜群。チーズをまぶしたカツレツ風の黄金焼きも大人から子供まで楽しめる味。鯨の新たな魅力に開眼するはず。

鯨のスモークと季節野菜のタリアテッレ

1500円

鯨赤身肉の黄金焼き

2500円

鯨肉に粉、卵、チーズをまぶして黄金色の揚げ焼きに。サクッとした繊細な衣は風味豊かで、レアに仕上げた赤身肉がジューシー。分厚いのに後味軽やかでクセもないのはお見事

お店からの一言

オーナーシェフ 門脇 稔さん

「鯨肉は料理人として興味深い食材。シンプルに味を生かしたい」

オステリア クロチェッタの店舗情報

[住所]東京都新宿区四谷三栄町14-5 [TEL]03-6457-7171 [営業時間]11時半~15時(14時LO)、18時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]全24席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し代500円別 [交通アクセス]JR中央線ほか四ツ谷駅四ツ谷口・地下鉄丸の内線四谷三丁目駅4番出口から徒歩5分

電話番号 03-6457-7171

撮影/貝塚 隆 取材/肥田木奈々

2020年6月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...