SNSで最新情報をチェック

巷に数多ある自動販売機。大抵は飲料ですが、たまに「ん?」と2度見するような自販機があります。最近その現象に陥ったのが、大田区の住宅街にある冷凍ラーメンの自販機。2021年3月の設置以来、近隣住民をはじめ、街に欠かせない存在になっているということで取材しました。

画像ギャラリー

コロナ禍が生んだ自動販売機

2021年3月23日、大田区上池台の住宅街に一台の自動販売機が設置されました。「ヌードルツアーズ」と書かれたその自販機。筐体の左上には「冷凍ラーメンの自動販売機!」と書かれています。

これはなんとも珍しい。しかも全国の有名ラーメン店の味が買えるというではないですか! 設置したのは、自動販売機からすぐの場所に工場兼オフィスを構える「丸山製麺」。創業63年、中華麺・うどん・そば・餃子の皮などを扱う、業務用の製麺会社です。

製麺技能士の管理のもと、年中安定して製品を提供。取引先は関東を中心に3000ヶ所以上に渡ります。しかし2020年、新型ウィルスの影響で飲食店等へ卸せる量が減少。新たな取り組みとして、月に一度の工場直売、オンラインショップのリニューアルと、この自動販売機の設置が行われました。

「業務用の生麺を自宅でも食べたいという要望が多かったことが大きい」と語るのは、取締役の丸山晃司さん。2020年2月に販売開始された冷凍食品用の自動販売機の存在を知り、オンラインショップで取り扱っている冷凍ラーメンを販売しよう! とプロジェクトを進めました。

こうして設置された「ヌードルツアーズ」のメンバーに選ばれたのは、二郎系、鯛塩、煮干し、担担麺の4種類のラーメンと、餃子1種類

スープは店で仕込んだものを冷凍。お店そのままの味が楽しめるのが大きな魅力。スープには多少の具材が入っていて、ラーメンによってはチャーシュー・メンマが別袋になっているものもあります。しかも、麺の量はお店と同じ!

学研通りから路地を入ってすぐ、丸山製麺の先に自販機はあります。

24時間運用しているので、夜はここだけが光り輝き、それはそれは目立つそう。その光に吸い込まれるように、夜中に買う人もいるんだとか。夜遅くまで店がやっていない状況下、店の味が楽しめるのは貴重です。近隣の人にとって、非常にありがたい存在であることは間違いありません。

日中は昼ごはんに買われる人が多く、ファミリーで来て「私はコレ、僕はコレ」とフードコートのように楽しみながら買う姿が見られるそう。なんとも微笑ましい光景だ。

ほかにも学生や近隣で働く人も訪れていて、早くも街に溶け込んでいる様子。取材中も丸山製麺に来た業者さんが大量買いしているのを目撃しました。

次のページ
【購入】大量買いする人に共感...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...