SNSで最新情報をチェック

巷に自動販売機は数あれど、大抵が同じ類のものばかり。かつて隆盛を誇ったグルメ系自販機も今は昔、なくなっていたと思いきや……神奈川県相模原市にあったのです!! 全95台が集まる“聖地”へ自販機好きの編集部スタッフが喜び勇んで向かいました。

画像ギャラリー

さて、本日は『おとなの週末』7月号の発売日です。「噂の店 噂の店 覆面大調査」や、「ハレの日に食べたい 贅沢ハンバーグ」、「夏の冷やし麺」など、読み応えのある内容となっておりますので、ぜひ書店やコンビニなどでお手にとっていただけますよう。

その本誌では「自販機の聖地in相模原」というページを掲載しており、書ききれない魅力と掲載しきれなかった写真も満載なので、このwebでもご紹介したいと思う。

95台の自動販売機が集結!!

今やデジタル化が進んで、タッチパネル式やキャッスレス式の最新筐体が増え続けている自販機業界。でも、思い出してほしい。ひとむかし前は、高速のパーキングエリアに、公園や遊園地の休憩所に、食べ物系自販機が花盛りだったことを!

そんな、むかし懐かしの自販機が今も大集結している場所がある。神奈川県相模原市の『中古タイヤ市場 相模原店』だ。

社長の斉藤さんは、レトロ自販機を今もなお愛し、もう動かなくなってしまった筐体を各地から引き取り、自ら修理してかつての輝きを取り戻させている!

その数、現在なんと95台!

UCCやダイドーブレンドコーヒー、ロッテチウインガム……、眺めているだけでノスタルジックな気分になるドリンクや菓子の筐体のほか、ラーメン、そば、うどん、ハンバーガー、ホットスナックと、フード系も充実のラインナップだ。

感涙必至の自販機グルメは懐かしくて美味しい!

さあ、そんな自販機メニューを1品ずつ紹介していこう!

まずはラーメン。この自販機ではシンプルな「ラーメン」(300円)と「チャーシューメン」(400円)の2種類を販売している。

醤油ベースのスッキリとしたスープに、製麺会社が専用に開発した中太の蒸し麺。筐体の機能として麺自体を湯通ししているそうで、申し分なく熱々だ。丼を覆うように乗ったロールチャーシューの旨さも光っている。

「チャーシューメン」400円

次のページ
トーストサンドの自販機では、ハムチーズと...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

少しだけ落ち着きを取り戻してきた今日この頃。ちょっと陽気に外食を楽しみたい!というわけで、トレビアー...