SNSで最新情報をチェック

この夏、極上の“冷んやり体験”をしたいと思っている人に、愛知から本誌記者が体験したとっておきの情報を紹介。まずは、名古屋の『ウェルビー栄店』の「アイスサウナ」だ。

画像ギャラリー

本場フィンランド、北極圏のサウナ!!

名古屋の繁華街、地下鉄栄駅から徒歩数分のところに目的の『ウェルビー栄店』はある。

レンガ色を基調にミントグリーンが効いた壁面がちょっと目立った外観の、サウナ&カプセルホテル。「こんなクレイジーなのはうちだけ!」とお店のスタッフも誇る「アイスサウナ」がこちらの2階にあるのだ。

サウナの本場といえばフィンランド。中でも北極圏に位置するラップランドでは、冬の間は太陽が昇らず、気温は肺が凍るようなマイナス35℃にも達するそうだ。で、そんな世界での生活に欠かせない文化がサウナだ、と。

サウナで火照った体を、冷たい外気と、凍るような水温の湖で急速に冷却する。そして、湖畔のデッキチェアに横たわって休み、またサウナへ……。そうすると、血行が促進され、新陳代謝機能が活性化して、疲労回復効果もあるのだという。

森のサウナ→アイスサウナ→湖のほとり

で、ウェルビー栄店では、その本場北極圏のサウナを思いきり再現してるのだ。

まずは湖畔のほとりのサウナ小屋をイメージしたという「森のサウナ」

フィンランドスタイルのサウナ小屋は、75℃くらいの温度でやや湿度は高め、じんわりと汗がかける。静謐な落ち着いた空間。

ロウリュといって、熱せられたサウナストーンに自分でアロマウォーターを注ぎ、水蒸気を出してもいい。これをやると急激に体感温度がアップする感じだ。

そしていよいよ「アイスサウナ」へ。

扉を開ければそこはまさに氷の世界。最低室温がマイナス25℃の空間に、氷点下手前、最低水温が約3℃の水風呂が。思い切って、そろりと、ドボン。冷っえ〜〜〜。15秒くらいでも、く〜〜〜、刺激的。

で、その後は「湖のほとり」へ。

白樺が配されたウッディな空間で、リクライニングチェアに身を預ける。ほ〜〜〜。何なんだ、何なんだ、シアワセだぞ〜。

ちなみに、各所には白樺の小枝を束ねた“ヴィヒタ”も備えられている。火照った体を水を含ませたこいつで体を叩くと、白樺の香りとともに、癒し効果もアップという。

衝撃の冷んやりと癒し。ぜひ、体験することをおすすめする!

■ウェルビー栄店
[住所]愛知県名古屋市中区栄3-13-12
[電話]052-241-7126
[営業時間]サウナ5時〜翌2時(24時最終受付)
※アイスサウナは7時〜23時半
[休日]無休
[料金]1時間1100円〜
[交通]地下鉄東山線ほか栄駅8番出口から徒歩5分

この夏、注目! あいち冷やし旅とは

取材/池田一郎 撮影/西﨑進也

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...