MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
浅草 じゅうろく(そば/浅草)|腕利きの女性そば職人が打つ白と黒な蕎麦

浅草 じゅうろく(そば/浅草)|腕利きの女性そば職人が打つ白と黒な蕎麦

浅草周辺のそば屋「浅草 じゅうろく」のグルメ記事とメニュー写真のページ。若き蕎麦職人である伊勢谷留衣さんが目指すのは、透明感があり、プリッと弾けるようなコシを持つ、見た目にも端正な蕎麦。粗挽き粉を使用しながらものど越しよく、しなやかな質感だ。

浅草 じゅうろく(最寄駅:浅草駅)

甘みを重視した「白」と、ナッツを思わせる香りの「黒」の2種類を打つ。また旬の食材を使用したつまみも豊富で、今の時期に特におすすめなのが「鴨鍋」だ。埼玉産の生の合鴨を、蕎麦汁に鴨ガラからとるダシを加えた深い旨みのつゆで食す。具材は他にも根つきのセリ、肉団子、丹波シメジ、そばがきなど盛りだくさんに入っている。

粗美季せいろ(黒)
1059円

細打ちの田舎蕎麦で深い香りを堪能できる

じゅうろく鴨鍋
3780円(写真は2人前、前日までに要予約)

上質な鴨肉を使用するため煮ても固くならない

奥久慈卵の出汁巻き
1059円

玉子のコクと共にたっぷりのダシが口中にあふれ出す

対馬朝締め活穴子一本天
1944円

朝〆の穴子は新鮮で火を通せば身がふっくら

粗美季せいろ(白)
1059円

スルリとした心地良いのど越しも抜群だ

[その他のメニュー]
そば焼味噌735円、京都油揚げ田楽951円、特選漬物盛り合わせ735円、穴子煮こごり519円、自家製ごま豆腐735円、そばがき1491円、そば屋の海老天951円、にしんの炊いたん843円、夜のお任せコース6480円など

浅草 じゅうろく

■『浅草 じゅうろく』
[住所]東京都台東区浅草4-37-8
[TEL]03-6240-6328
[営業時間]18時〜23時(22時半LO)※蕎麦が売り切れ次第終了 ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター8席、小上がり6席×2卓 計20席/全席禁煙/予約が望ましい/カード可/サなし、アルコール注文の場合はお通し代432円〜648円別
[アクセス]つくばエクスプレス浅草駅A2出口から徒歩7分

電話番号 03-6240-6328
2017年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
殻がついたままの蕎麦の実を挽きこむ「挽きぐるみ」で打つため、味わいや香りが豊かで歯応えを楽しめる出雲蕎麦。島根県奥出雲町とコラボしたこの店では、出雲蕎麦や仁多米など、島根県・奥出雲の食材や酒を堪能でき、その恵みに感謝したくなる。
端正な姿と瑞々しさが特徴の蕎麦は、低速の特製石臼で毎日挽いて手打ちされたもの。日本一の蕎麦の里として知られる北海道・幌加内産玄蕎麦を雪室で鮮度を保ちつつ熟成させた蕎麦を使用している。
蕎麦は独学。店主の三本菅さんが試行錯誤で追求し、製粉所の社長から粉の挽き方を教わるなどして自分の理想とする味を完成させた。
現地でもなかなかお目にかかれない常陸秋そばの故郷、常陸太田市・金砂郷赤土産の蕎麦を、自家製粉の粗挽き、十割で味わえる。ダシ香る薄色の汁で食す「すけもり」はぜひ一度。
この店名にピンと来る人も多いのでは? 2015年に駅周辺の再開発で閉店した、半世紀以上の歴史を持つ立ち食い蕎麦店が、2017年12月にこの場所で再スタートを切ったのだ。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt