SNSで最新情報をチェック

パンの楽しみ方は朝、昼の食事だけにあらず。生地やトッピングの組み合わせの妙で、夜にお酒と楽しみたい“つまみ”になるのです。『おとなの週末』編集・戎とライター・池田による、パンとセットで楽しみたいお酒のご紹介も。

画像ギャラリー

『BARTIZAN Bread Factory』@広尾

サワードウ×白ワイン

オリーブ&ローズマリーブレッド(669円、1/2で367円)
素朴で料理と調和するのが、バルティザンのパンのこだわり。『カフェ・ラ・ボエム』などの自社レストランでも提供されている

オリーブごろごろ自然な味わいのパンに白ワインが進む

シグネチャーブレッドのサワードウは、自家製酵母と厳選した小麦、水、少量の塩だけで作り、ほのかな酸味も生きた健康的なパン。

「オリーブ&ローズマリー」は、その生地にさらにローズマリーがしっかり利き、大粒で塩気も酸味もいい塩梅なオリーブがごろごろ。食べ応えも十分だ。

白ワインはもちろん、スパークリングビールでもイケる。

[住所]東京都港区南青山7-11-4 H.T南青山ビルディングⅢ 1階
[電話]03-6805-0240
[営業時間]8時〜20時※売り切れ次第終了
[休日]無休
[交通]地下鉄日比谷線広尾駅4番出口から徒歩13分
(オンラインショップ有)

『Bricolage bread&co.』@六本木

バトン×黒ビール

いぶりがっこのバトン(280円)
パン生地は旨みも食感もしっかり。がっこのバリボリ感も感じつつ噛み締めると、さらに旨みがジュワッ。黒ビールほか、ほぼオールマイティに呑める

旨みたっぷりの生地 がっことスタウトのスモーキーさが◎

「顔の見える生産者の食材をなるべくありのまま使おう」という思いから国産小麦、可能な限り全粒粉を使うオリジナルの「ブリコラージュブレッド」。

小麦の旨みたっぷりな生地に、このバトンでは、エメンタールチーズ、カシューナッツ、そしていぶりがっこ!を混ぜて焼いている。いぶりがっこの燻香、塩気、食感も◎。黒ビールにも日本酒でも合う。

[住所]東京都港区六本木6-15-1 けやき坂テラス1階
[電話]03-6804-1980
[営業時間]7時〜19時※金は〜20時、土・日・祝8時〜20時
[休日]月
[交通]地下鉄日比谷線ほか六本木駅1c出口から徒歩6分
(オンラインショップ有)

次のページ
『ル・プチメック 日比谷店』@日比谷...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...