SNSで最新情報をチェック

『パーリンカ』。この不思議な響きを持つ単語は秘密基地のようなバーの名前。

画像ギャラリー

※コロナ禍で外食が自粛・縮小されている状況ではありますが、ぜひ知っておいて欲しい飲食店を、ご紹介しております。

Bar Pálinka(最寄駅:飯田橋駅)

非日常に飛び込めば出合える新しい口福

そして意味するところはハンガリーの伝統蒸溜酒だ。ここは日本にひとつしかないパーリンカ専門店である。小さな螺旋階段の果てにドアを開けると目に飛び込んでくるのは、浮遊感のあるバックバー、透明なスツール、中世の騎士のようなコスチュームの店主・松沢健さん。一瞬、ドアを閉じそうになるがそこを踏みとどまって(笑)。パーリンカは注がれたその瞬間から濃厚なフルーツの香りをふりまき始める。無色透明、味わいは香りに反していたってドライ。極上のものは最高の音楽のように感覚をゆさぶる凄みがある。パーリンカの魅力をより紐解きやすくしたカクテルも魅惑的だ。未知の酒との出合いは見知らぬ国を旅する冒険に似ている。松沢さんのナビゲート(パーリンカへの愛が半端ないです)で新しい文化へと踏み込む快楽は、ひとりの時間を豊かにしてくれる。

パーリンカスリング

1760円

ぶどうのカクテル

1980円

カベルネ・ソーヴィニヨンのパーリンカを使い、トリュフオイルをアクセントに


左から、イチゴ、アプリコット、プラムのパーリンカ。小さい農家で造るものも多い

Bar Pálinkaの店舗情報

[住所]東京都新宿区神楽坂3-6-63 佐藤ビル2階 [TEL]03-6265-0544 [営業時間]16時~24時 [休日]火、第3月 [席]カウンターあり、全11席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、チャージ10%別 [交通アクセス]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

電話番号 03-6265-0544

撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン

2020年10月号発売時点の情報です。

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...