SNSで最新情報をチェック

『おとなの週末Web』では、グルメ情報をはじめ、旅や文化など週末や休日をより楽しんでいただけるようなコンテンツも発信しています。国内外のアーティスト2000人以上にインタビューした音楽評論家の岩田由記夫さんが、とっておきの秘話を交えて、昭和・平成・令和の「音楽の達人たち」の実像に迫ります。細野晴臣の最終回では、例によって筆者の私的ベスト3を紹介します。その3曲を語ることで、天才・細野晴臣の音楽観を見つめます。

画像ギャラリー

ニュー・アルバム『あめりか』から伝わってくる豊かな音楽キャリア

2021年11月時点での細野晴臣のニュー・アルバムは『あめりか~Hosono Haruomi LIVE in US 2019』(2021年2月リリース)だ。2019年にロサンゼルスのマヤン・シアターで行ったライヴを収録している。1973年に埼玉の狭山にあった自宅でレコーディングしたファースト・ソロ・アルバム『HOSONO HOUSE』からの「住所不定無職低収入」、「CHOO CHOO ガタゴト」などの選曲もあり、オールタイム・ベスト・ライヴと呼べるアルバムだ

このアルバムを聴いていると、細野晴臣というミュージシャンがいかに長い音楽街道を歩んで来たのかが伝わる。

細野晴臣の生み出す音楽はカテゴライズしたり、ひとくくりにされることを拒んでいる。はっぴいえんど時代の楽曲、『トロピカル・ダンディー』や『泰安洋行』時代の楽曲、YMOでの作品、その後のソロ・ワークや坂本冬美、忌野清志郎、遊佐未森(ゆさ・みもり)、甲田益也子(みやこ)、小川美潮、コシミハル、ビル・ラズウェルなどとのコラボレーション楽曲…。ひとつのプロジェクト毎に細野晴臣は異なった才能を見せる

その才能は音楽的多面体なのだ。これだけ型にはまらず、多才なミュージシャンは世界的に見ても数少ない。

細野晴臣の名盤の数々。2021年2月リリースの『あめりか』は、2019年のアメリカ公演を収録したソロ名義では初のライヴ盤

「香港Blues」 映画『脱出』のカヴァー曲

そんな細野晴臣の楽曲群から、私的な3曲を選ぶのは難しい。はっぴいえんど時代の作品からも、YMO時代の楽曲からも、それだけでベスト・アルバムを組めるほどだからだ。

それでも極私的に選ぶとしたら、まずは1976年のサード・ソロ・アルバム『泰安洋行』から「香港Blues」となる。ハンフリー・ボガートの映画『脱出』で有名な曲で、ホーギー・カーマイケルが作詞・作曲のカヴァーだ。

細野晴臣はこの曲をアメリカのトロピカル・ミュージックの先駆者マーティン・デニーにインスパイアされてアレンジしている。細野晴臣がこの曲をカヴァーしたことにより、1970年代中期の熱心な音楽ファンは、ホーギー・カーマイケルやマーティン・デニーの音楽を探ることが静かなブームになった。

次のページ
「北京ダック」 シュールな歌詞にブラジル...
1 2

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...