SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

『#居酒屋新幹線』で帰りの車内も充実時間

出張帰りの新幹線。疲労回復に寝ちゃうのもいいだろう。しかし、充実感をさらに盛り上げてくれる過ごし方も悪くない。いやいや、悪くないどころか、できれば明日への活力注入のためにも、ぜひ試してほしい。

それは、出張先で購入したご当地グルメとお酒を帰りの列車内で楽しむというものだ。

12月14日(火)から、MBS/ TBS でオンエアが開始されるドラマ『#居酒屋新幹線』では、タイトル通り、その列車内で贅沢なご当地グルメ&お酒を楽しむ様子が描かれている。

眞島秀和が演じる主人公・高宮進は損保会社の内部監査室で働くビジネスマン。全国各地への出張も多いのだが、決して嫌ではない。むしろ、この出張を密かな楽しみにしている。

それは帰りの新幹線内で、「主はオレ、客もオレひとりの宴」という『居酒屋新幹線』を開店できるからだ。

『#居酒屋新幹線』の主人公・高宮進は、出張帰りの新幹線でひとり居酒屋を満喫
©「#居酒屋新幹線」製作委員会・MBS

「にしん切込やミズの煮物と地酒」(第1話・新青森編)、「お豆腐揚げかまぼこや笹巻きえんがわ寿司と地酒」(第2話・仙台・伊達政宗編)などなど、全8話に渡るドラマ内で、全国各地の垂涎必至の名物テイクアウトグルメを幸せいっぱいに楽しんでいる。

『サウナーマン』や『麒麟がくる』などにも出演している俳優・眞島秀和がグルメドラマで単独初主演。お土産処や味わいの紹介ももちろん描かれているので、参考にもなるドラマとなっている。また2022年2月5日からはチャンネル銀河でもオンエア予定だ
©「#居酒屋新幹線」製作委員会・MBS

この高宮進の店を参考に、みなさんも店を開いてみてはいかが。

ちなみに、編集・武内ならば、例えば長野からの帰省なら「山賊焼きや馬肉とワイン」、福島からなら「ソースカツ丼とビール」で、カツを肴に〆はソースのしみたご飯なんてのもありだなあ。

ドラマを観て“見たい! 食べたい! 買いたい! 行きたい!真似したい! なんて気持ちがググッと盛り上がったら、年末年始の帰省から、自身の『居酒屋新幹線』を楽しんでみてください。

 

文/武内慎司
※2022年1月号発売時点の情報です。

 

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...