MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
名古屋エリア限定グルメ情報(20) 三重県桑名市で発見! 全国で唯一?の鉄板スパ専門店『伊勢ノ花天』

名古屋エリア限定グルメ情報(20) 三重県桑名市で発見! 全国で唯一?の鉄板スパ専門店『伊勢ノ花天』

ケチャップで味付けし、熱々の鉄板に盛られた名古屋生まれのスパゲティーをご存じだろうか?「鉄板ナポリタン」と呼ばれることもあるが、地元では昔からイタリアンスパゲティー、通称「イタスパ」の名前で通っている……。

perm_media 《画像ギャラリー》名古屋エリア限定グルメ情報(20) 三重県桑名市で発見! 全国で唯一?の鉄板スパ専門店『伊勢ノ花天』の画像をチェック! navigate_next

三重県桑名市で発見! 全国で唯一?の鉄板スパ専門店『伊勢ノ花天』


ケチャップで味付けし、熱々の鉄板に盛られた名古屋生まれのスパゲティーをご存じだろうか?

「鉄板ナポリタン」と呼ばれることもあるが、地元では昔からイタリアンスパゲティー、通称「イタスパ」の名前で通っている。

ナポリやミラノなどの都市ではなく、イタリアという国名を冠しているところに名古屋のダイナミズムを感じざるを得ない(笑)。


ちなみにわが家では鉄板を常備していて、たまに作ることもある。

味付けはケチャップと塩、コショウのみなので、鉄板と食材さえ揃えれば、誰でも作ることができる。

だから、専門店は成立しないと思っていた。


ところが、あったのである。

それも愛知県の隣、三重県桑名市に。

それが5年前にオープンした『伊勢ノ花天』だ。

「もともとはおかゆ専門店として営業していました。

サブメニューにナポリタンを出したところ、おかゆを凌ぐほどの人気になったんです。

いっそのこと、鉄板スパゲティーの専門店にリニューアルしようということになったんです」と、店長の志賀昭太さん。

こちらが、お客の大半が注文するという看板メニューの「ふわとろ卵の鉄板イタスパ」(880円)。

イタスパには欠かせない、赤ウインナーが整然と並んでいる。

玉ネギとピーマン、マッシュルームと定番の具材も入る。

特筆すべきは卵!

席に運ばれるまでに固まってしまうことが多いが、ここのはメニュー名の通り、時間が経ってもふわトロ。めちゃくちゃ旨そう♪

麺をフォークに巻きつけて、卵に絡める。

これがイタスパの醍醐味。

フーフー、ハフハフしながら口へ運ぶ。

味付けはケチャップと思いきや、ひと口食べただけでまったくの別物だとわかった。

トマトの酸味のみならず、香味野菜をじっくり煮込んだような深い味なのだ。

トロトロの卵に絡めて食べると、マイルドな味わいとなって、さらに美味しくなる。

また、麺を噛んだときの跳ね返されるような弾力も心地良い。

「ソースのレシピは申し上げられませんが、懐かしい味わいになるように、やや甘めに仕上げています。

お好みで粉チーズやタバスコで味の変化をつけるのもオススメです。

麺は太さ2.2ミリの極太生麺を使用しています。

注文ごとに茹で上げますので、乾麺とはまたちがった、もっちりとした食感が楽しめますよ」(志賀さん)

イタスパ以外にもトマトと野菜、肉のうま味を凝縮させた自家製のミートソースでいただく「鉄板ミートスパ」(写真・880円)や、カレーソースで麺と具材を炒めた「鉄板カリースパ」(930円)、ソース焼きそば風の「鉄板ソーススパ」(780円)の4種類。


「レシピを確立させるためにイタスパを食べ歩きました。

従来のソースや麺、具材の一つ一つを見直して刷新したのがウチのイタスパです。

もっと多くの方に食べていただいて、将来は名古屋に進出できればと考えています」(志賀さん)


名古屋、それも観光やビジネスで多くの人が集まる名古屋駅や栄にこの店があれば……。

今はあんかけスパが幅をきかせているが、イタスパがそれに取って代わるかもしれない。



伊勢ノ花天

三重県桑名市江場903-3
[TEL]0594-25-2001
[営業時間]11時~21時
[定休日]火曜





永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。


※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
永谷正樹

1969年愛知県生まれ。名古屋を拠点に活動するカメラマン兼ライター。地元目線による名古屋の食文化を全国発信することをライフワークとして、グルメ情報誌や月刊誌、週刊誌、グルメ情報サイトなどに写真と記事を提供。https://twitter.com/shuzaiya

関連記事
50歳を過ぎると、コッテリ系のラーメンを受け付けなくなる。町中華で食べるような、アッサリ系のラーメンを探すも、なかなか美味しい店に巡り合うことがない。 そんななか、愛知県三河地方に出張へ行ったある日、見つけてしまったのである。50歳過ぎのおっさんが心の底から求めていた、究極のアッサリ系ラーメンを……!
新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍でオープンした店は、コンセプトにまずテイクアウトありきでメニューの構成を考えている。2020年11月、名鉄瀬戸線清水駅前にオープンしたばかりの『すし 葵』もその一つ。 イートインでも、テイクアウトでも、日常使いにぴったりのリーズナブルな寿司店として、この店を紹介しよう。
友達や仲間、恋人とお酒を楽しむのもイイが、がんばって仕事をした後や、なにか考え事をしたいときに、フラッと1人でバーへ立ち寄りたい。 バー応援企画、最終回となる今回は1人飲みにぴったりのバーを紹介しよう。
お酒を飲んでいると、口休めに甘いものを食べて口の中をリセットしたくなることはないだろうか?パフェやアイスクリームのような重たいものではなく、フルーツなどあっさりしたものを欲してしまう。バー応援企画の第2回目は、そんなときにオススメの店を紹介しよう。
新型コロナの新規感染者が減少し、ひと頃と比べると、名古屋の街にも活気が戻ってきたように見える。しかし、まだまだ客足が遠のいたままの業種がある。それがバーだ。そこで今回は、名古屋市内のバーの応援企画として、私、永谷正樹がオススメするバーを全3回にわたって紹介しよう。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル