MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
「築地魚河岸」の楽しみ方!小田原橋棟の「魚河岸食堂」

「築地魚河岸」の楽しみ方!小田原橋棟の「魚河岸食堂」

小田原橋棟は晴海通りからも入館できる。1階は水産物など約30店が営む市場で、3階に「魚河岸食堂」がある。

perm_media 《画像ギャラリー》「築地魚河岸」の楽しみ方!小田原橋棟の「魚河岸食堂」の画像をチェック! navigate_next

「築地魚河岸」小田原橋棟(最寄駅:築地市場駅)

築地の旨いもんが
揃う食堂も魅力


「海鮮」「揚物」などコーナーに分かれ、場内の人気飲食店の味をそのまま味わえるのがウリ。8種類の刺身を盛った海鮮丼や、品質抜群でボリュームたっぷりのフライ、鶏白湯スープで作るカレー、半熟玉子入りのクリームシチューなど名物の味が並ぶ。ほかにもキッチンを備えた「魚河岸スタジオ」(2月から一般にもレンタル予定)などもある

海鮮丼
1000円

フライ盛り合わせ定食
1450円

親子カレー・築地魚河岸スタイル
850円

半熟玉子入りクリームシチュー
580円

ヒレカツサンド
800円

小田原橋棟

東京都中央区築地6-26-1 [営業時間]1階・5時~15時(一般は9時~)、3階・7時~15時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、指定された水 [交通アクセス]都営大江戸線築地市場駅A1出口から徒歩3分

2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
特殊な機械で栗ペーストを搾り出すモンブランが、昨年人気を集めました。それをおとなの週末編集部では“天空系モンブラン”と命名。そんな“天空系”が楽しめる店を巡りました。
銚子港で水揚げされた釣りキンメをはじめ、新鮮で質の高い魚介を食べるなら、ここを訪れるべし! 創業は昭和41年。
「肉の色と質を見てください」。店主の栗山さんが大事そうに抱えてきたのは、沖縄在来種の血統を守る今帰仁アグー。
美味しいお店を求めて日頃から街をウオッチしている「おとなの週末」編集部。2020年、街ナカやスーパー、コンビニなどで目についたトレンドグルメを振り返ります。
女将の越野 舞さんは飯田橋の人気店『ル ジャングレ』で活躍したお燗番。ふんわり優しく仕上げたお燗酒に定評がある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル