MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
早起き&寒さに耐えた甲斐あり!工場直売「京粕漬 魚久 東砂店」(魚介・海鮮料理/南砂町)

早起き&寒さに耐えた甲斐あり!工場直売「京粕漬 魚久 東砂店」(魚介・海鮮料理/南砂町)

美味しいものをお安く手に入れろという密命を受けた編集・戎誠輝(以下戎)&ライター・松岡芙佐江(以下松)。まず浮かんだのが、「京粕漬 魚久」。美味しい粕漬けと言えば? で名の上がる名店だ。この粕漬けの切り落としを求めて、『魚久 東砂店』に行ってきました。/整理券は当日のみ有効で1人2枚まで。1枚で切り落と し1袋購入可能

perm_media 《画像ギャラリー》早起き&寒さに耐えた甲斐あり!工場直売「京粕漬 魚久 東砂店」(魚介・海鮮料理/南砂町)の画像をチェック! navigate_next

京粕漬 魚久 東砂店(最寄駅:南砂町駅)

(1)毎朝9時に整理券が配られる。 (2)整理券をもらった後、営業時間中に改めて商品を購入する。 行列さえクリアできれば攻略できるはず!

ぎんだら
1切れ1080円

店では正規品も販売。一番人気の「ぎんだら」は1切れ1080円

切り落とし
7~8切れで756円

中身は約320g、銀ダラ、サケ、サワラ、イカなどが入っていた

8時00分/最寄り駅の南砂町駅。戎、松岡とも渾身の厚着。

8時15分/お店に到着! と、店の前にはひとりだけ。松「奇襲成功ですね(張り切りすぎた……!)」

8時30分/列がのびるにつれ、「寒くても早く来てよかった」と俄然元気が。おばさまが「結構、中身入ってるわよ」「ウチは冷凍しちゃうの」など話している。

9時00分/店から店員さんが出てきて、整理券を配ってくれた。戎「召し捕ったりー!」松「やったー!」

10時00分/開店時間に再訪。1袋756円の切り落としゲット!

 編集部で開封すると、
松「切り落としと言っても、一切れ一切れ、結構大きい!」 酒粕を洗い流して焼く。
戎・松「ウマイ……!」
松「香りもいいですね、お酒にもご飯にも合いそう」
戎「これはもう、本丸を落としたと言ってもいいのでは」
松「同感です!」 
このお得な切り落としは、他直営店やデパート内の店舗でも販売されているそうです。

詳しくは代表電話0120−011−520にお問い合わせを。

京粕漬 魚久 東砂店

東京都江東区東砂6-13-2 [TEL]03-5606-7732 [営業時間]10時~18時 [休日]無休 [交通アクセス]地下鉄東西線南砂町駅から徒歩13分

電話番号 03-5606-7732
2017年2月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
いいマグロをリーズナブルに食べるなら、忘れちゃいけないのが居酒屋の「マグロブツ」。気軽に頼めるブツを肴にライター・カーツさとうと「おとなの週末」編集・武内が、旨い! 以外のマグロの魅力を考察してみました。
東京駅で魚料理が食べたくなったなら、脇目を振らず、この店に急ぐべし! 本マグロをはじめとした、とびきり新鮮で上質な刺身に、上品な風味がじんわり沁みた西京漬けと、主役級のおかず2種を盛り込んだ「奈可嶋膳」が待っている。
「美味しいサバを食べてほしい」という熱い思いから、日本各地よりその時々の最高のサバを入荷。刺身や焼き、カツなど、サバの特性に合わせて魅力を引き出した料理を提供しているサバ専門店。
「海外の漁師町にあるちょっとしたバル、酒場のイメージですね」と店長の三谷さんが言うように、肩肘張らず、立ち飲みでワイワイ貝料理を楽しめるのがいい。一番人気は、活貝ソテー。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル