MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
ロッジ赤石(喫茶店/浅草)|老舗喫茶の名物「エビサンド」

ロッジ赤石(喫茶店/浅草)|老舗喫茶の名物「エビサンド」

『ロッジ赤石』は浅草のオアシスである。小さな厨房で2代目の小沢康純さんが腕を振るうメニューは、サンドイッチ類から洋食、丼と幅広い。中でも人気なのが「エビサンド」

ロッジ赤石(最寄駅:浅草駅)

さらに深夜まで営業というのもこの界隈では貴重。中でも人気なのが「エビサンド」で、「エビフライをパンに挟んでよ」という何気ない常連客のリクエストから誕生したという。エビフライ、タルタルソース、キャベツ、ウスターソースが絶妙なバランスで、食べればたちまち虜になる。これを目当てに通う常連が少なくないというのも大いに頷ける。

エビサンド
1150円

厚切りトーストに身の詰まったエビフライがぎっしり

エビグラタン
1150円

マカロニたっぷりのグラタンなどオーブン料理も多く、洋食店に負けない美味しさ

ロッジ赤石

■『ロッジ赤石』
[住所]東京都台東区浅草3-8-4
[TEL]03-3875-1688
[営業時間]9時~翌4時、日・祝~翌1時 ※ランチタイム有
[休日]月曜日
[座席]カウンター5席、テーブル30席 計35席/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし
[アクセス]つくばエクスプレス線浅草駅A1出口から徒歩7分

電話番号 03-3875-1688
2017年2月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
ソフトクリームには、静岡県産の本山茶の玉露をほうじて粉末状にし、練り込んでいる。そのため、ほうじ茶の香ばしさが生きている。
作り手から直接買い付けた紅茶に特化し、紅茶の普及に貢献してきた「ジークレフ」。だからこそ「他にはない紅茶スイーツを提案したい」と、喫茶オープン時から新メニューの開発に取り組んできた。
 1970年創業のイタリアン。当時は、パスタをアルデンテで出すと「麺が固い!」と怒られた時代。
まず供されるシンプルな茶碗蒸しがあまりに美味しくて夢中で平らげてしまった。期待が高まったところで、にぎりを口にすると、シャリがふんわりとほどけた。
今回ご紹介するのは、2019年7月にオープンした『cafe&bar d●●●●●』だよ。 入れ替わりの激しい吉祥寺で1周年を迎えた&世界中を巻き込んだ“もーやってらんない”現象にも耐えていた(涙)。ということで、個人的に「おめでとう」の気持ちをこめてのご紹介です。店名はイニシャルだけどな……。
夏本番を目前にした今。湿度や気温の高さに負けないよう、元気になれる食べ物をお取り寄せしませんか?夏バテ対策や食欲のないときにオススメな逸品揃いです!カレー、うなぎ、冷たい麺、ホルモンや肉、といった人気ジャンル別に、厳選してご紹介します!
202views お取り寄せ
江戸幕府第五代将軍・徳川綱吉に仕えた川越藩藩主・柳澤吉保による大名庭園。吉保自らが設計し、元禄15年(1702)に完成させた。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt