MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
東京都内のおすすめ純喫茶4選。「純喫茶さんぽ」が密かなブームです。

東京都内のおすすめ純喫茶4選。「純喫茶さんぽ」が密かなブームです。

おじさんの溜まり場であり憩いの場〈純喫茶〉。でも最近は、そのやたらと落ち着く空間に気付いたのか、密かに若い女性にも人気です。これはもう、行くしかないでしょう。グルメライターが歩いて見つけた、東京都内のおすすめ純喫茶をご紹介。

いろんな顔で
ほのぼの懐かしくシアワセなり!

 うららかに天気のいい冬の朝、吾輩は〝純喫茶さんぽ〟に出かけるのである。ちなみにいつにも増して朝から動くのは、純喫茶は朝が早いから。お気に入りの席に陣取って「モーニング」を頼み、スポーツ新聞をめくるおじさんにも出会えるはずだ。「純喫茶」なる言葉に馴染みがない人のために、物の本から定義を引くと、大正から昭和初期にかけて広まった喫茶店の中で、「女性がアルコールを給仕する業態の店」が「特殊喫茶」と呼ばれたそうで、対して、純粋にコーヒーや紅茶などを提供するのが「純喫茶」。昭和な雰囲気もいい。ほかにも〝らしさ〟を語れば多々あるが、それは追ってさんぽで楽しもう。

アメ横の雑踏から、地下に広がるレトロな別世界。『喫茶丘』

 まずは上野はアメ横の『喫茶丘』へ。

 アメ横の雑踏から階下に降りると、地下1〜2階に広がる空間はレトロな別世界。1964年の創業、そのまんま昭和のエアポケットに入ったような感覚で、純喫茶時間を楽しめる。ソースのブレンドに秘密ありのハヤシライスや、中太麺でオレンジ色のナポリタンも懐かしの味。チョコレートパフェも見逃せない。ソファ席でのんびりと。

写真:喫茶丘

地下1〜2階に広がる130席の大箱。そのレトロゴージャスとも言うべき内装を楽しみたい。どデカいシャンデリア、カットの入った鏡やステンドグラス。いいねえ。昔は〝舶来品〟という言葉があったけど、その憧れが生んだ空間だ。入り口にあったゴルゴ13を読み耽りながらひと息。

写真:喫茶 丘のハヤシライスセット 業務用のソースにミートソースをブレンドしてひと手間。独特の酸味と深みがあって美味しい

創業52年。アットホームな純喫茶。『喫茶ニット』

 お次は錦糸町に移動して『喫茶ニット』へ。

写真:喫茶 ニットの店内

 創業52年。親子三代に40年選手のベテランスタッフが切り盛りするアットホームな純喫茶。ワインカラーのソファのボックス席も落ち着くし、壁にはさりげなく本物の押し葉が閉じ込められたタイルがあったり、年代物のお洒落なランプも魅力的。20分かけて焼く大人気のホットケーキは分厚い2段重ねで、中までふわっと焼けている。ミルクセーキやオムレツ、かにぞうすいなど懐かしいメニューも豊富。

写真:喫茶 ニット ホットケーキにはセットでコーヒー、紅茶、ミルク、昆布茶のいずれかが付く。甘く優しいミルクセーキにはチェリーも乗る

何がいいって、82歳で今もテキパキと元気なママ、小澤民枝さんの笑顔に、娘さん、お孫さん、さらにはキッチンのお二人も勤続30年以上と、昔変わらぬ雰囲気でなんともアットホーム。メニューの懐かしさもさることながら、家族な感じも純喫茶の魅力だ。

先々代の頃は旅館で、屋号をそのままに、純喫茶として開店。『喫茶ゆうらく』

 浅草橋で行きたいのは『喫茶ゆうらく』。朝7時と開店は早いが、開店前に並ぶ常連さんも。

写真:喫茶 ゆうらく

 こちらの店は先々代の頃は旅館で、屋号をそのままに1974年、純喫茶として開店。レギュラーメニューはもとより、朝一番のモーニングメニュー、ランチサービスなど、ともかくメニュー豊富でリーズナブル。あとから拡張したという右手の部屋はやや隠れ家めいて、実に腰が落ち着く。人気のひとつフレンチトーストは卵がたっぷり使われ、焼き加減も絶妙。現店主のお父さんが淹れるブレンドコーヒーとの相性もバッチリだ。

写真:喫茶 ゆうらくのフレンチトースト(バニラアイスのせ)

 隠れ家めいたロケーションと布張りのソファがやけに落ち着く。「選べる楽しさを」と店主の宮
城恒宏さんが言うように、ともかくメニューが多い。レストランとも洋食とも違う、喫茶店飯の楽しさを満喫できる一軒だ。

一度幕を閉じた、創業の先代の店を、改めて引き継いだ。『はまの屋パーラー』

 有楽町の『はまの屋パーラー』では迷わずフルーツサンドである。食べやすい大きさにカットされて見た目も麗しく、これぞ純喫茶の美徳を湛えた姿形は、先代から受け継がれたもの。好みでハーフ&ハーフもOKだ。

写真:はまの屋パーラーのフルーツ・サンドゥイッチ

 惜しまれつつ一度幕を閉じた、1 9 6 6 年創業の先代の店を、2012年に改めて引き継いだ。場所や店内の家具はもとより、人気のサンドゥイッチのレシピも先代から丁寧に教わったものだ。フルーツ・サンドゥイッチには、ミカン、黄桃、パイナップル、リンゴ、バナナとフルーツ満載。生クリームに隠し味のマヨネーズが利いている。

口元の生クリームに別れを惜しみつつもほのぼの。
純喫茶さんぽ、尽きることなく幸せなり!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1169views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21002views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt