MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
レストラン 古陶里|地元益子で愛される洋食の名店の味を(洋食/益子町)

レストラン 古陶里|地元益子で愛される洋食の名店の味を(洋食/益子町)

昭和50年創業の老舗洋食店。築150年の古民家の古材を利用したアンティーク調の店内では、地元の陶芸家、濱田篤哉作の器でコーヒーを愉しむこともできる。看板メニューの「ポークステーキ」レストラン 古陶里 (コトリ)[交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分 ※ランチタイム有

レストラン 古陶里(最寄駅:益子駅)

 昭和50年創業の老舗洋食店。築150年の古民家の古材を利用したアンティーク調の店内では、地元の陶芸家、濱田篤哉作の器でコーヒーを愉しむこともできる。看板メニューの「ポークステーキ」は、那須の三元豚をふっくらと焼き上げ、玉ねぎをベースとしたデミグラスソースでいただく。 「カニピラフ」はカニの旨みとバターの豊かな風味が口に広がる贅沢な味わいだ。

ポークステーキ
1418円

程よい酸味の自家製ドレッシングのサラダと、コンソメスープ、ライス付き

カニピラフ
1948円

ズワイガニを豪快に殻ごと炒める。サラダ、スープ付き

レストラン 古陶里

栃木県芳賀郡益子町益子2072 ☎0285-72-4071 [営]11時~20時 [休]金 [席]3席×1卓、4席×5卓、6席×1卓 計29席 禁煙席なし/カード不可/予約不可/サなし、お通しなし [交]真岡鐡道益子駅より徒歩10分

電話番号 0285-72-4071
2015年11月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
デミグラスソースでハンバーグを煮込む。そのひと手間を加えるだけでこんなにも味わい深くなるものか。
昭和47~48年頃、賄いでグラタンを食べたいという従業員のため、耐熱皿の代わりにトースト用食パンで作ったのが“グラパン”誕生のきっかけ。さらに1年ほど前、メニューにあったビーフシチューをグラパンにしたら美味しいのではないかと、土・日・祝限定で「デミグラスグラパン」を始めた。
戦前から続く食堂を経て、ステーキがメインの洋食店へ。肉の筋と脂を取り除く駄敏丁カットは特許技術で、噛むほどに肉の柔らかさを実感する。
「うちは洋食屋ですが、その前に美味しいグラタン屋でありたいんですよ」そう話す店長の大友さん。最後のひと口まで飽きることなく食べられるグラタンの味を追求してきた。
フランス版おふくろの味と言える「仔羊の煮込み」はフランス語ではナヴァラン・ダニョー。ダシを使わず、野菜と白ワインで仔羊を柔らかく、柔らかく煮込む。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
東京で緊急事態宣言がなされて以降、飲食店は多大なるダメージを受けている。 そんな飲食店を応援すべく立ち上がったのが「さきめしSupported by SUNTORY」。 飲食店へ“先払い”する「さきめしチケット」と、さきめしに登録した飲食店全店へ均等に分配する「寄付」で応援するというプロジェクトだ。その考えに、おとなの週末編集部も賛同。実際に利用することで応援してみた。
安くて、旨くて、ボリューム満点の三拍子揃った愛知県の、喫茶店のモーニング。その発祥の地とされる尾張地方西部の街、一宮市にある人気店『カフェ メールネージュ』は、テイクアウトモーニングに力を入れている。そして、新型コロナウィルスの広がりを防止する動きのなかで、その需要はより高くなった……。
店を切り盛りするのは那覇出身の女将さん。ホワイトボードに書かれたメニューもあるけれど、旬の食材を使ったその日の「おまかせ」ですべてを委ねるのが吉。
甘じょっぱいタレに浸かったエビの天ぷらは、ご飯と海苔との相性がバツグン。ご飯とおかずがひと口サイズで一度につまめるため、数あるお弁当の中でもとにかく食べやすい。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt