MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[ハンバーグ&ステーキ 腰塚] 腰塚ステーキのグルメ記事と写真(自由が丘)

[ハンバーグ&ステーキ 腰塚] 腰塚ステーキのグルメ記事と写真(自由が丘)

[ハンバーグ&ステーキ 腰塚]は東京食肉市場で仲卸会社も営む精肉店『千駄木腰塚』とタッグを組んだハンバーグ&ステーキ専門店、長年の経験で培われた熟練の目利きによって仕入れる黒毛和牛を使ったステーキやハンバーグを手頃な価格で楽しませてくれる。[交通アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅正面口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》[ハンバーグ&ステーキ 腰塚] 腰塚ステーキのグルメ記事と写真(自由が丘)の画像をチェック! navigate_next

ハンバーグ&ステーキ 腰塚 自由が丘正面口店(最寄駅:自由が丘駅)

脂の甘みと赤身のコクのバランスが絶妙!A4黒毛和牛を豪快に食す

ステーキに使用するのは、ほどよく脂がのり、かつ赤身の濃厚な旨みも感じることができるA4ランク黒毛和牛のみ。素材の魅力を引き立てるため、シンプルに塩とコショウをまぶし、好みの焼き加減で仕上げてくれる。また新鮮な黒毛和牛の挽き肉を贅沢に使用し、店で手ごねで作るトロけるような口当たりのタルタルハンバーグも名物で、ステーキとのコンビネーションメニューも人気だ。

腰塚ステーキ(240g)
3780円

イチボやランプといった赤身部位を使用し、力強い旨みを堪能できる。赤だしや漬物が付くご飯セットは+324円

自家製コンビーフ&ステーキ重
1382円

塩漬けした牛肉を蒸してから丁寧にほぐし、口どけのよい乳部分の脂と合わせた自家製のコンビーフはご飯との相性バッチリ

腰塚のタルタルハンバーグ(150g)
1620円

黒毛和牛100%の贅沢ハンバーグをレアに焼き上げている。付属のペレットで火を通して、熱々をいただきたい

ハンバーグ&ステーキ 腰塚 自由が丘正面口店の店舗情報

■ハンバーグ&ステーキ 腰塚 自由が丘正面口店
[住所]東京都目黒区自由が丘1-29-7 薮伊豆ビル 2階
[TEL]03-3718-4010
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、18時~23時(22時15分LO)、土・日・祝は通し営業 ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]テーブル2席×6卓、4席×9卓 計48席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし
[アクセス]東急東横線ほか自由が丘駅正面口から徒歩1分

電話番号 03-3718-4010
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
嗚呼、ステーキが食べたい。突然舞い降りた欲望に、食いしん坊は居ても立ってもいられない。
噛み締めた瞬間、こんがり焼かれた香ばしさと、濃厚な肉汁の旨みが口中に広がる。使用するのは黒毛の山形牛で、脂の少ない等級のランプ肉を約400g。油を塊肉の表面にまわしかけて焼き、一度休ませ、今度はオーブンで温めて提供。
グローブ状にカットした豚肉とがっつりニンニク。甘辛ソース味で、付け合わせはキャベツの千切り。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。
ロゼ色に輝く断面、そしてステーキのごとく分厚いカットに俄然食欲がわく。ゴチソウ感のあるローストビーフを定食屋さながらの普段着で味わうのがこちらのスタイルだ。
最新記事
キンと冷えた汁をゴクリとやると、すぐさますだちの涼しげな香りが鼻腔を抜ける。細打ちの蕎麦は喉をすべり落ち、その冷たさを直接胃まで運んでくれるようだ。
「東京ディズニーリゾート」の魅力は、人気アトラクションや華やかなショーだけではありません。パーク内のレストランなどで提供される料理の数々も、多くの人を惹きつけてやまない大きなポイントのひとつです。東京ディズニーリゾート初の公式レシピ本『Disney おうちでごはん 東京ディズニーリゾート公式レシピ集』(講談社)が刊行されました。本書では、東京ディズニーランド開園初期や東京ディズニーシー20周年記念のメニューまで、数万点の料理の中からパークの超一流シェフ6人が推す計62のレシピを紹介。パークの代表的なスイーツ「チュロス」ももちろん載っています。『おとなの週末Web』では、その中から3品を厳選。3回に分けてお届けします。
約20年前、世界各地を放浪していた私は、カンボジアの首都プノンペンをひとり歩いていたところ、全速力で走ってきた見知らぬおばちゃんに抱きつかれ……。カンボジアとベトナムを股にかけたインドシナの夜を前編・後編に分けてお届けします。
なんだかんだ言って、ジャンクで高カロリーなものって美味しいですよね。でも食べたあとに後悔することもあるわけで……。そんな罪悪感とは無縁かつヘルシーで美味しいものが東京・八重洲地下街の『2foods』でいただけるというお話しです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル