MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
焼肉・ホルモン まるいち 木屋町店|肉の旨さをアップする味噌ダレでド迫力ロースを堪能せよ!(焼肉/三条)

焼肉・ホルモン まるいち 木屋町店|肉の旨さをアップする味噌ダレでド迫力ロースを堪能せよ!(焼肉/三条)

 人気店の2号店として、京都のど真ん中、高瀬川沿いにオープンしたのが2010年。以降、多くのリピーターに愛される名店として評判を呼んでいる。

perm_media 《画像ギャラリー》焼肉・ホルモン まるいち 木屋町店|肉の旨さをアップする味噌ダレでド迫力ロースを堪能せよ!(焼肉/三条)の画像をチェック! navigate_next

焼肉・ホルモン まるいち 木屋町店(最寄駅:三条駅)

こちらの特徴はなんといっても味噌ダレ。数種の味噌をブレンドして作るピリ辛の自家製ダレは、オーダーが入るごとに肉に絡めるスタイル。オリジナルの鉄板でじっくりと焼けば、アルコール、ライスともにぴったりの極上焼肉ができあがる。場所柄、芸妓、舞妓が来店することも多く、運が良ければ、お目にかかれるかも!

わらじロース
4298円

その日の仕入れによって大きさは前後するものの、700~900gは圧倒的。つけ焼き用のタレが別途提供される

上ミノポン
918円

正肉はもちろん、ここで絶対に食べたいのが新鮮さ抜群のホルモン類。どれを食べても外れなしだ

赤身ホルモン
756円

タン塩
1296円

焼肉・ホルモン まるいち 木屋町店

京都府京都市中京区山崎町236-9 [TEL]075-241-0129 [営業時間]18時~23時半(23時LO) [休日]水(祝は営業) [席]テーブル20席、小上がり16席、カウンター3席 計39席/全席喫煙可/カード可/サなし [交通アクセス]京阪三条駅6番出口から徒歩5分

電話番号 075-241-0129
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
最新記事
洋食屋さんのカツレツはいつだって優しくてあったかい。それは単なる料理の温もりだけじゃない。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は神奈川編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。今回紹介するのは「日本食冒険記」。これなんぞ?と思うでしょう。出演者は、訪日&在日外国人。飲食店で食事しながら日本食に対する思いを語っているのです。
コロナ禍でも続々とオープンしているラーメン店。その中でも食べて納得の醤油ラーメンを提供する店を調査。今回は東京編。スープを飲み、麺を啜れば、ほっこり落ち着ける至福の一杯が楽しめるのはココだ!
「素直に美味しいと思える野菜を扱いたい」と八百屋を開いた小松さん。小さな生産者から無農薬で化学肥料を使わない野菜を仕入れている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル