MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
てんぷら近藤|えっ! と驚く未知なるコンビネーション(天ぷら/銀座)

てんぷら近藤|えっ! と驚く未知なるコンビネーション(天ぷら/銀座)

東京に数ある天ぷら店のなかでも、従来の概念を取り去り、常に新しい食材や手法に挑戦し続けている同店は、ミシュラン二ツ星連続獲得の超予約困難な店。店主・近藤文夫さんの天ぷらは、口に含んだ瞬間の香りの高さ、瑞々しさ、食感と、そのどれもが驚きの連続を食べ手に与える。

perm_media 《画像ギャラリー》てんぷら近藤|えっ! と驚く未知なるコンビネーション(天ぷら/銀座)の画像をチェック! navigate_next

てんぷら近藤(最寄駅:銀座駅)

じゃがいもの天ぷら
単品540円

一瞥して洋菓子のようにさえ見えるその美しさに、まずはいきなり驚愕。「切って揚げるだけではポテトフライがあるし、面白くない」(近藤さん)として、間に“サンド”されているのはご飯だ。「ご飯とじゃがいもはどちらもでんぷん質だから、違和感がない」という言葉通り、薄い衣に包まれ均一にじわっと火の通った天ぷらは、旨さが浸透し合ってしっとりと一体化。さらに熱々のご飯の部分に少しだけ醤油を垂らして食せば、これはもう! ふわっと優しい食感に焼きおにぎりのような美味しさも加わり、未知なる陶酔感だ。

てんぷら近藤

東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル9階 [TEL]03-5568-0923 [営業時間]12時~13時半LO、17時~20時半LO ※ランチタイム有 [休日]日(月曜が祝日の場合休) [席]カウンター25席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩3分

電話番号 03-5568-0923
2017年3月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
その天ぷらひとつを供するまでに、一体どれほどの手間と心が注がれているか。店主自ら毎日豊洲に通う素材選び然り。
年1回やっと行ける高級店もいいけれど、気軽に通える旨い定食屋を知っていると日常が豊かになる。そんな頼もしき店を下北沢で発見した。
昔ながらの肉屋さんや惣菜屋さんをはじめ、最近はテイクアウトできる店も続々登場。散歩の途中で楽しみたいフライの逸品をご紹介!
美しい彩りに気分が高まる盛り合わせ丼。全体的に薄衣で軽いが、衣の味をしっかりと感じられ、サクッとした歯触りも小気味いい。
最新記事
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
get_app
ダウンロードする
キャンセル