MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
てんぷら近藤|えっ! と驚く未知なるコンビネーション(天ぷら/銀座)

てんぷら近藤|えっ! と驚く未知なるコンビネーション(天ぷら/銀座)

東京に数ある天ぷら店のなかでも、従来の概念を取り去り、常に新しい食材や手法に挑戦し続けている同店は、ミシュラン二ツ星連続獲得の超予約困難な店。店主・近藤文夫さんの天ぷらは、口に含んだ瞬間の香りの高さ、瑞々しさ、食感と、そのどれもが驚きの連続を食べ手に与える。

てんぷら近藤(最寄駅:銀座駅)

じゃがいもの天ぷら
単品540円

一瞥して洋菓子のようにさえ見えるその美しさに、まずはいきなり驚愕。「切って揚げるだけではポテトフライがあるし、面白くない」(近藤さん)として、間に“サンド”されているのはご飯だ。「ご飯とじゃがいもはどちらもでんぷん質だから、違和感がない」という言葉通り、薄い衣に包まれ均一にじわっと火の通った天ぷらは、旨さが浸透し合ってしっとりと一体化。さらに熱々のご飯の部分に少しだけ醤油を垂らして食せば、これはもう! ふわっと優しい食感に焼きおにぎりのような美味しさも加わり、未知なる陶酔感だ。

てんぷら近藤

東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル9階 [TEL]03-5568-0923 [営業時間]12時~13時半LO、17時~20時半LO ※ランチタイム有 [休日]日(月曜が祝日の場合休) [席]カウンター25席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B5出口から徒歩3分

電話番号 03-5568-0923
2017年3月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
高級感漂う檜のカウンター席で、昼も夜も揚げたてを一品ずつ提供する。エビは鹿児島産の活才巻エビで、ふっくらとしつつプリプリ。
カウンターで揚げたてが提供される天婦羅ランチが1500円。銀座の中心地とは思えない手頃な価格は、「小さい店舗で、多くの人に来ていただけるよう席の間隔を狭くしたり、市場に通って安くていい魚を探したりしているから」という二代目店主の奥村仁さん。
ホテルオークラの懐石料理店『山里』での修業を経て、2013年に独立。「食べた後に、物足りないと思ってほしい」と店主の山岸忍さんが言う通り、油をほとんど感じさせない天ぷらで、とにかく軽い。
明太子の名店、福岡の『やまや』が営む天ぷら店。全席に揚げたてが運ばれる博多スタイルを踏襲し、東京ではあまり見かけない鶏肉の天ぷらが食べられる。
明るく丁寧な接客が評判の天ぷら屋。加藤料理長のモットーは「料理を作るのは、幸せを作るのと同じこと」。
食べ物屋なら何でもある街、吉祥寺ですが、その時々で流行の“食べ物バブル”が登場します。 新しい食べ物バブルの萌芽を感じたので、ここでご紹介しようと思います。 はい、それはケバブだ!  ケバブバブル……。呪文のようです……。
秋といえばフルーツ。 さすがにフルーツ大国の信州。JRのホームにも、実のなる駅があるんです。ものすごくおいしそうなのですが、ホームの果実を食べるわけにもいきません。  そこで昨年取材で訪れた、信州の鉄道とアルピコ交通撮影時に出会ったフルーツのお話です。
京橋の「ダバ インディア」と三軒茶屋の「シバカリーワラ」、東京の東西を代表する名店で腕を振るった兄のスレンダジーさんと弟のラムジーさんの兄弟が、タッグを組んで独立したのが一昨年のこと。インパクト抜群の店名は、もはやカレー好きの間で知られた存在だ。
靴を脱いでコの字型のカウンターでお酒を傾けてリラックス。一人酒でもちょうどええ、気取らないこの雰囲気。好きっきやわ~。 場所は新大阪駅東口から徒歩10分。もしくは東三国駅から徒歩数分と絶好のロケーションにある呑み処「紋」は、つい先日8月27日にオープンしたばかりだ。
席に着くと「お好きな器を選んでください」と声がかかる。棚に並ぶ作家ものなど、雰囲気のある酒器を物色するだけで、飲む前から何だか楽しくなってくる。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt