MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
よし田(うなぎ/浅草橋)|鰻好きの私が、思い出すだけで垂涎してしまうほどお気に入りの店。

よし田(うなぎ/浅草橋)|鰻好きの私が、思い出すだけで垂涎してしまうほどお気に入りの店。

よし田では活きたまま仕入れる質の高い国産鰻を、注文後に割き始めるのが店主の信条だ。割きたて、蒸したて、焼きたての鰻重と、独創的な料理で贅沢な時を堪能してます。

perm_media 《画像ギャラリー》よし田(うなぎ/浅草橋)|鰻好きの私が、思い出すだけで垂涎してしまうほどお気に入りの店。の画像をチェック! navigate_next

よし田(最寄駅:浅草橋駅)

肉厚な身を頬張れば、舌の上でホロリとほどけていく繊細な口当たりを堪能。戦後すぐの創業以来継ぎ足したタレは、キリリとした辛口のなかに奥深いコクがあり、脂ののった鰻の甘みを余すところなく引き出していて……もう絶品! でき上がりを待つ時間も心踊らせてくれるのが、同店ならではの魅力だ。上品なダシで煮込んだ淡い味つけのおでんを、カボス果汁を加えた自家製のポン酢で食す「御手運千里」や、素焼きした鰻を秘伝の合わせ味噌に漬け込んだ「よ多漬」など、ここでしか味わえない極上の肴でまずは一献。タレを絡めながら焼き上げる、鰻の芳しい香りが店内に漂ってきたら、お待ちかねの鰻重の登場だ! 

鰻重(上)
3456円

蓋をあけると食欲を刺激する香りが湯気と共にあふれ出し、身をふっくらと焼き上げる職人の技をしみじみと感じさせる

鰻たたき
3672円

こちらも珍しい鰻料理で、白焼きした身に白髪大根や、ミョウガ、大葉、アサツキなどの薬味をたっぷりのせ、二杯酢をかけて食す。さっぱりとした酸味と薬味の食感が鰻のコクをトコトン引き立てる

よ多漬
2808円

先代が考案したオリジナルの鰻料理。秘伝の合わせ味噌のまろやかな甘みが身にしっかりとしみ込み、濃厚なコクが増している。酒のアテにはモチロン、白飯と共に食すのもオススメだ

よし田

■『よし田』
[住所]東京都台東区柳橋1-26-10 吉田ビル1階
[TEL]03-3851-7802
[営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~21時(20時半LO)、土曜日は~20時(19時半LO) ※ランチタイム有
[休日]日曜日・月曜日・祝日
[座席]カウンター9席、小上がり6席×1卓、4席×1卓 計19席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]JR総武線浅草橋駅東口から徒歩2分

電話番号 03-3851-7802
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「若い頃から東京に支店を出すのが夢だった」と話すのが、浜松で最古のうなぎ屋『中川屋』の4代目である村越武さん。本店を息子に任せ、昨年それを実現させた。
うな重、蒲焼き、白焼き……。うなぎ料理といえば、このあたりが定番ですが、和食の枠を外れたうなぎ料理はないのだろうか。ということで、探したところ中国料理店を中心に発見! 中華なうなぎ料理をご覧あれ。
かつて、手賀沼で獲れたうなぎは江戸にまで運ばれ贈答品として珍重されたのだとか。その湖畔に位置する我孫子市は、今も数多くの店があるうなぎ処だ。
近年オープンした都内のうなぎ店を調査した結果、自信をもっておすすめできる三ツ星店を4軒ご紹介。老舗の支店や、関東や関西から東京初進出を果たしたお店まで粒揃いです。土用丑の日に合わせて、ぜひご賞味ください!
『おとなの週末』はもちろん、ミシュランにも掲載された名古屋を代表するうなぎ店『炭焼 うな富士』。2021年3月にオープンした『天白別邸』は、築104年の古民家をリノベーションした趣あるお店。ゆったり、のんびりと食事ができる話題の最新店へ伺いました。
最新記事
ひと言で言えば、安心感があって美味しく寛げるお店。松澤農園の野菜やみやじ豚をはじめ、基本食材は国産で生産者が分かるもの。
夜はなかなか手が出ないけれど、ランチなら高級店の炊き込みご飯も楽しめる!贅を尽くし手を尽くした味わいを存分に満喫させてくれる2軒をご案内します。
1985年、名バーテンダー高橋弘行さんが開業した九州きっての名門バー。鹿児島の旬の柑橘やフルーツを使ったカクテルが人気で、嘉之助蒸溜所のニューボーンも様々な飲み方を提案する。
美味しいのに、単体だと不思議と軽視されがちな気がするワンタン。なんだか妙にいじらしいその味わいを求め、街を徘徊してみました。
代表兼ソムリエの岡田壮右さんは、オーストリアのワイン大使の肩書を持つスペシャリスト。その実力は、ワインと鮨の著書も手掛けるほど。
get_app
ダウンロードする
キャンセル