MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
フォアグラ×ステーキの最強タッグをかき込む幸せ|洋食や シェ・ノブ(丼/浜松町)

フォアグラ×ステーキの最強タッグをかき込む幸せ|洋食や シェ・ノブ(丼/浜松町)

 日本人の肉好きが突如襲われる衝動。「肉が食べたい、ご飯にのっけてガツガツ食べたい!」。

洋食や シェ・ノブ(最寄駅:浜松町駅)

それが運よく月曜の昼なら、私は迷わず『シェ・ノブ』へ。目当ては日替わりランチの月曜担当、ビフテキ丼だ。レア気味に焼き上げた豪州産リブロースはすこぶる柔らか。そして肉汁とバター、10年間継ぎ足してきた濃密なソースがしみたご飯の旨さたるや……! だが、この店にはさらにお値打ちな丼がある。月に1~2回、金曜に登場する「フォアグラ丼」。とろふわの濃厚フォアグラと、その下に敷かれたステーキを同時にかき込めば、あまりの口福に言葉を失います、ハイ。

ノブ風フォアグラ丼
昼1100円(スープ付き)夜2500円

バルサミコ酢とビフテキソースを合わせたタレでさっぱりと

ビーフステーキ寿司・ウニのソース
3貫夜1400円

夜のイチオシも肉。ビフテキの上に北海道産生ウニのソースをオン

ビフテキ丼
昼1000円(赤だし、サラダ付き)夜1700円

左奥のじゃこと豆腐のサラダは+200円で付けられる。1・3の丼は夜も注文可。値段と肉の量がアップする

洋食や シェ・ノブ

[住所]東京都港区浜松町2-7-2 大塚ビル2階 [TEL]03-3431-7943 [営業時間]11時半~14時(限定40食が売り切れ次第終了)、18時~22時半、土17時半~21時 ※ランチタイム有 [休日]日・祝、土は不定休[席]カウンター8席、テーブル7席 計15席/昼は全席禁煙/夜のみカード可/夜のみ予約可/席料、サなし [交通アクセス]JR山手線ほか浜松町駅金杉橋口から徒歩3分

電話番号 03-3431-7943
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階
大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。
10094views 秋葉原グルメ
丸の内、東京駅周辺でランチの狙い目は、平日限定10食の大海老天重。66年前の創業時から継ぎ足して作られているというタレが格別なのだ。「菊亭」の[交通アクセス]はJR山手線ほか東京駅丸の内南口から徒歩4分、地下鉄丸ノ内線ほか東京駅からKITTE経由で地下直結
期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。
6849views 銀座グルメ
下町うまいもん散歩 柴又特集掲載店。帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。
7142views 柴又グルメ
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt