MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
グルメライター一押し!ご褒美カツカレー|ナイアガラ(カレー/祐天寺)

グルメライター一押し!ご褒美カツカレー|ナイアガラ(カレー/祐天寺)

学生時代から自分へのご褒美はこのカツカレーと決めています。

ナイアガラ(最寄駅:祐天寺駅)

  カレーが好き。超辛口が好き。で、とんかつも好き。なのでカツカレーは大好物。そんな僕が学生時代から何かいいこと−彼女ができる、仕事で褒められるなど−があると、自分へのご褒美として食べに行くのがここのカツカレー。超特急は中辛の50倍の辛さだが、スパイスに比例して野菜、果実もたっぷり入るので、まろやかな甘み後辛いという、理想の味。カツもカツ丼に向いた脂が少な目のものをサックリ揚げるのでカレーの邪魔をしない。けど存在感大という魅惑の逸品。学生時代から数え100食以上食べたが、この先も同じくらい食べるのは間違いない。毎日いいことないかなあ。

カツカレー超特急ゆで卵のせ
1320円

カツにウスターソースがかかるのも、昭和感があっていい! ちなみにラッキョの美味しさとカレーとの相性の良さを知ったのもこちらでのこと

お子様カレー(ジュース付き)
720円

ナイアガラ

[住所]東京都目黒区祐天寺1-21-2 [TEL]03-3713-2602 [営業時間]11時~20時 ※ランチタイム有 [休日]月・木 [席]カウンター3席、テーブル4名×3卓 計15席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]東急東横線祐天寺駅から徒歩5分

電話番号 03-3713-2602
2017年4月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
旬の野菜12種以上が入った「鶏ざんまい」。鶏ガラと野菜で取った旨みたっぷりのスープに、スパイス7種、マジョラム、タイムなどのハーブを合わせて作ったカレーは、素材の滋味を活かした、鮮烈でキレのあるスープが特徴だ。
『エリックサウス』各店のなかでもモダンスタイルを提案するこちら。ここのビリヤニは、メッカとして知られるインド中南部の街ハイデラバード式だ。
今人気のカレーといえば、大阪発のスパイスカレー。しかし、北海道ではスープカレーが根強い人気を誇っている。
現地感満載の内装やスパイシーな香り。入った途端、異空間の広がる本格的なスリランカ料理店。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
7542views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt