SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

スタバが新作ティービバレッジを発表。夏を彩る抹茶&ストロベリーな2つのティー系新商品が登場!

スターバックスコーヒージャパンが、2022年6月22日から『ダブル抹茶ティーラテ』と『ストロベリー&ユースベリーティー』を全国の店舗で販売すると発表しました。

スタバではこれまでも「抹茶ティーラテ」や「ほうじ茶&クラシックティーラテ」などをラインナップしていましたが、新たに登場する2つの商品にはどのような特徴があるのでしょうか?

なぜスタバが“ティー”に注力? 新商品登場の訳

スタバといえばコーヒー、ラテというイメージですが、実は創業当時からコーヒーだけでなくティーの量り売りもおこなっていたといいます。

これまでも日本では抹茶やほうじ茶を使ったラテやフラペチーノを販売してきたスタバですが、2020年には「スターバックス ティー&カフェ」もオープン。都内での出店を皮切りに、大阪、富山、福岡へと店舗数を増やしています。

このように新しいティー体験の場が全国でも広がっている背景を受け、「全国にあるスターバックスの店舗でも、お客様の夏の選択肢の一つとして、彩りあふれ、気分もあがるようなティービバレッジをご用意しました」というのが新商品投入の理由だといいます。

ちなみに2022年6月15日現在、スタバは主なティービバレッジとして「ほうじ茶&クラシックティーラテ」、「抹茶ティーラテ」、「チャイティーラテ」、「ほうじ茶ティーラテ」、アールグレイなど数種類ある「ティーラテ」などをラインナップしています。

新作『ダブル抹茶ティーラテ』&『ストロベリー&ユースベリーティー』の特長は?

写真は左から『ストロベリー&ユースベリーティー』、『ダブル抹茶ティーラテ』と定番人気ティービバレッジの『ゆず シトラス &ティー』

さて、本題となる気になる新商品の概要。まず『ダブル抹茶ティーラテ』は、従来の「抹茶ティーラテ」がホットだけなのに対し、待望のアイスドリンクとなっているのが大きなポイント。

濃厚な抹茶の風味や、なめらかな質感を楽しめるよう、“お抹茶”をイメージした抹茶のリキッドを優しい甘さのミルクの上から注いでいて、抹茶パウダーは「抹茶ティーラテ」比で2倍の量を使用。「アイスでより濃厚な風味と質感をお楽しみいただくことができるビバレッジ」だといいます。

抹茶の“緑”とミルクの“白”のコントラストが、夏らしい清涼感を感じさせ、見た目にも映える新商品といえそうです。

一方の『ストロベリー&ユースベリーティー』は、現行メニューにもある「ユースベリーティー」に、ストロベリー果肉やアップルピューレを合わせたビバレッジ。

フルーツの甘酸っぱさや果肉感が楽しめ、カリン果汁のフルーティーさが際立つ、すっきりとした味わいが特長となっており、まさに夏にピッタリの商品。スタバは「夏のリフレッシュメントとしてぴったりの一杯をお楽しみください」としています。

両商品の価格は次のとおり。一部報道では「ほうじ茶&クラシックティーラテ」が終売になるという話もありますが、新商品はスタバの夏をけん引する新たなティービバレッジとして注目を集めそうです。

◆ダブル抹茶ティーラテ(アイスのみ)
・価格(持ち帰り)/ショート:471円 、トール:510円、グランデ:555円 、ベンティ:599円
・価格(店内利用)/ショート:480円 、トール:520円、グランデ:565円 、ベンティ:610円(持ち帰り)
・販売期間:2022年6月22日~12月25日 ※なくなり次第終了

◆ストロベリー&ユースベリーティー(アイスのみ)
・価格(持ち帰り)/ショート:462円 、トール:501円、グランデ:545円 、ベンティ:589円
・価格(店内利用)/ショート:470円 、トール:510円、グランデ:555円 、ベンティ:600円(持ち帰り)
・販売期間:2022年6月22日~8月2日 ※なくなり次第終了

文/おとなの週末Web編集部、写真/Starbucks Coffee Company

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

月刊誌『おとなの週末』7月号は本日発売!巻頭特集「東京 下町 おいしい旅」に加え、魅力的な記事の中か...