SNSで最新情報をチェック

【番外編】因島発祥の果実「八朔(はっさく)」を使って大ヒット 広島県のアンテナショップで「殿堂入り」

はっさく大福は、広島・因島の「はっさく屋」(2005年開業)が製造・販売している大ヒット商品。地元の因島で江戸末期に発見されたミカンの一品種「八朔」の実を、白餡とみかん餅で包んだ大福です。

原料の八朔は、因島と隣の生口(いくち)島で栽培されたもの。ひとつずつ皮をむき、3房の実を白餡で包みます。みかん餅は、広島県産のもち米とミカンの皮を一緒に石臼でついて作ります。みかん餅で、八朔が入った白餡を包めば出来上がりです。全てが手作業です。

はっさく屋店主の柏原伸亮さんによると、白餡が八朔の実を包んでいる中袋、みかん餅が外側の厚い皮、商品パッケージにつけた緑のテープが葉っぱを表現しており、「八朔そのものをイメージした」とのこと。商品パッケージには、はっさく大福のイメージキャラクター「さくみちゃん」がプリントされています。

八朔の酸味とほろ苦さ、白餡の甘さという絶妙なバランスと、みかん餅のやわらかな食感が受け、多くのファンを増やしてきました。

・「はっさく甘夏大福」で初夏を感じた 広島県のアンテナショップで圧倒的人気
https://otonano-shumatsu.com/articles/235280

※全国での新型コロナウイルスの感染拡大等により、営業時間やメニュー等に変更が生じる可能性があるため、訪問の際は、事前に各お店に最新情報をご確認くださいますようお願いいたします。また、各自治体の情報をご参照の上、充分な感染症対策を実施し、適切なご利用をお願いいたします。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

icon-gallery
icon-prev 1 2
関連記事
あなたにおすすめ

関連キーワード

この記事のライター

おとなの週末Web編集部 堀
おとなの週末Web編集部 堀

おとなの週末Web編集部 堀

最新刊

全店実食調査でお届けするグルメ情報誌「おとなの週末」。6月14日発売の7月号では、「下町ぶらグルメ」…