MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
佐原屋本店(居酒屋/御徒町)|家族で営む温かみがじんじん伝わってくる酒場です

佐原屋本店(居酒屋/御徒町)|家族で営む温かみがじんじん伝わってくる酒場です

ひと目惚れだった。店構えに「ただものでない感」があり、紺に白字を染め抜いた『佐原屋』の暖簾をくぐった。

perm_media 《画像ギャラリー》佐原屋本店(居酒屋/御徒町)|家族で営む温かみがじんじん伝わってくる酒場ですの画像をチェック! navigate_next

佐原屋本店(最寄駅:御徒町駅)

「鮭焼いて」「もう火落としちゃった」。おなじみさんと女将の会話がなんだかうれしい。きっと長年営んできた店にしか出せない空気なのだ。黒板には「レバテキ」「沖漬け」「煮こごり」……呑んべえを泣かせるつまみ揃い。聞けば、今年70年目を迎える老舗だという。「5年前に建て替えてから、ふらっと入ってくれるお客さんも増えたんですよ」と貴子さん。たくさんのおなじみさんに、私のような「ぶらり客」が混じり、心地よい酒場になっているのだなあ。ひと目惚れは続く。いや、行くたびに惚れ直している。

レバテキ
550円

独自の味付けでひと晩漬け込むレバテキ。ネギにかつお節、揚げ玉をのせた湯豆腐は創業以来の定番だ。
瓶ビール(大)650円はサッポロラガー「赤星」。「ねのひ にごり酒」(300ml)800円

湯豆腐
250円

ホタルイカ
450円

春の味覚ホタルイカ

菜の花
350円

ほろ苦い菜の花など定番に加わる旬のメニューが魅力的

佐原屋本店

東京都台東区上野5-27-5 [TEL]03-3831-6388 [営業時間]17時~23時 [休日]土・日・祝 [席]カウンター13席、テーブル25席 計38席/喫煙可/予約可/カード不可/お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか御徒町駅すぐ

電話番号 03-3831-6388
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
白砂糖、合成甘味料、保存料、添加物を一切使用しないチーズケーキ専門店。様々なフレーバーのチーズケーキが揃うが、まず味わってほしいのが「ドライフルーツ レアチーズケーキ」。
美味満載の発酵食品は、知識がなくとも普通に旨い。でもその効果や働きを少しでも知れば、虜になるほど興味津々になること間違いなしです!
福井県の「鯖街道」で「飲食店が少ない」ことで嘆いていた町が、サバジェンヌ曰く「日本でいちばんホットな『サバ名所』」にまで成長! そこで食べられる絶品のサバグルメをジェンヌが食べまくり。熱量たっぷりのレポートです!!
品書きには白飯が進む中華のおかずがズラリ。その中に店名を冠したラーメンを発見した。
福井名物の和菓子といえば「羽二重餅」。その銘菓をどら焼きに挟んだ「羽二重どら焼」が人気だと聞いて食べてみました。“ふっくら”していて“もちもち”の食感。「和菓子通からも長年愛されてきた」という理由が頷ける美味しさです。
get_app
ダウンロードする
キャンセル