MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
笹新(居酒屋/人形町)|古さと新しさが織りなす絶妙な居心地の良さに酔う

笹新(居酒屋/人形町)|古さと新しさが織りなす絶妙な居心地の良さに酔う

今年で創業46年。経営母体は隣で100年以上営む酒販店だ。

perm_media 《画像ギャラリー》笹新(居酒屋/人形町)|古さと新しさが織りなす絶妙な居心地の良さに酔うの画像をチェック! navigate_next

笹新(最寄駅:人形町駅)

つまり日本橋の老舗。そう聞くと敷居を高く感じてしまうが、店をとり仕切る初代の孫娘・直子さんと広一さんの若夫婦が、明るくて気さくなので、こちらも肩肘張らずくつろげる。 夫婦が店を継いだのは4年あまり前。現在“小さな改革”を進行中だ。例えば、1種類だけだった日本酒に週替わりで厳選した純米酒を複数銘柄加えたり、お通し代を取らない代わりに気軽につまめる前菜盛り合わせをメニューに加えたりといった具合。さらに、得意の魚料理で勝負すべく、肉料理をやめたという潔さ。自分の歳より古い老舗だが、応援したくなる店なのだ。

〆さば
630円

しっかり仕事がなされた「〆さば」。魚は毎日築地で仕入れている 

ねぎま
840円

中に豆腐が入った、マグロのすき焼き風煮込み

サービスのひと皿
315円

お通し代わりのサービス品。内容は日によって変わるが、取材時は、上から時計周りに「マグロの佃煮」「自家製辛子明太子」「白子どうふ」「菜の花の辛子味噌あえ」「ホタルイカと蕗のとう味噌」。ひと皿315円。ただし人数分の注文が条件

笹新

東京都中央区日本橋人形町2-20-3 [TEL]03-3668-2456 [営業時間]17時~22時半 [休日]日・祝、第3土 [席]カウンター17席、テーブル10席 計27席/喫煙可/予約不可/カード不可/お通し代無し [交通アクセス]地下鉄日比谷線人形町駅A1出口から徒歩2分

電話番号 03-3668-2456
2017年4月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。
使い込まれた渋い暖簾、開け放たれた大きなガラス戸から中に入ると、ふたつのコの字カウンターはすでにいっぱい。ワイワイガヤガヤ、思い思いに一杯やっている。
店長の後藤さんは宮崎県出身。東京で日本酒に出合ってすっかり日本酒の虜になったとか。
「ほっとしたい」「気分を上げたい」――日本酒のこんな注文も大歓迎、の店だ。たとえば猪肉のローストに合わせて、「力が湧くお酒を」とリクエスト。
店を構えて35年の居酒屋。魚介を中心にほとんどのメニューが500円前後で揃い、中でも塩焼き、味噌煮、竜田揚げなど、多彩な金華さばのメニューが目を引く。
最新記事
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
今も昔も製麺所を営み、麺類の美味しさは中華街でも指折り。当然“冷やし”でもその旨さを堪能できる。
get_app
ダウンロードする
キャンセル