SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

「CURRY is MUSIC」というキャッチコピーを掲げて催される「CURRY&MUSIC JAPAN 2022」。7月15日(金)〜18日(月・祝)に、横浜赤レンガ倉庫にて3年ぶりにリアルで開催。人気店のひと皿や人気ミュージシャンとのコラボ、イベント限定メニューなど、24店舗のカレー等がいただける。さらに今をときめくアーティストたちのライブが楽しめる、お腹も心も満たされるカレー&音楽フェスだ。

フードエリアは入場無料! めざせ全店制覇!!

カレーに縁深い横浜で、錚々たるカレー店が集う「CURRY&MUSIC JAPAN 2022」(以下、「カレーフェス」)。本誌『おとなの週末』でもご紹介したことのある『ケニックカレー』(渋谷)や『インド料理ムンバイ』(銀座ほか)といった人気・実力店のほか、開催地である神奈川で展開するカレーの名店など、全24店舗が勢揃い

詳細は公式サイトをご覧いただくとして、中でもライター・市村が注目したのが、アーティストやスパイス料理研究家が監修するカレー

豚バラのコクとトマトの酸味が魅力的な「豚バラとトマトの欧風カレー」(800円)を提供するのは、『KIYOSHI’S KITCHEN』。ASIAN KUNG-FU GENERATION/PHONO TONESのメンバー・伊地知潔さん監修のショップだ。安定の美味しさなので、何を食べるか迷ったらまずこちらを。

『KIYOSHI’S KITCHEN』の「豚バラとトマトの欧風カレー」(800円)
『KIYOSHI’S KITCHEN』の「豚バラとトマトの欧風カレー」(800円)

スパイス料理研究家の印度カリー子さん監修の「マラバールプラウンカレー」(1000円)は、経験豊富なシェフたちが腕を振るうスペシャリスト集団「WRLD FLVRS(ワールドフレーバー)」から出店。ココナッツミルクの香り豊かな南インドの海老カレーだ。レモンライスが使われており、スプーンを持つ手が止まらないハズ。

「WRLD FLVRS」の「マラバールプラウンカレー」(1000円)

神田カレーグランプリ優勝コンビ「秋葉原カリガリ&夢眠書店(プラススパイス)」による「SPあいがけカレー(カリガリカレー&牛スジ和山椒カレー)」(1000円)は、トッピングも豪華で夢中になることウケアイのひと皿だ。和山椒の爽やかさもたまらない。

「秋葉原カリガリ&夢眠書店(プラススパイス)」の「SPあいがけカレー(カリガリカレー&牛スジ和山椒カレー)」(1000円)

さらに、今大人気の「小説を音楽にするユニット」YOASOBIが、移動式本屋『BOOK TRUCK』とコラボレーション。メンバー考案のカレーやオリジナルクラフトコーラが販売される。

また同イベントの協賛企業である、「ハウス食品」のカレーも登場。カレー活動家・タケナカリーさん考案レシピで、おうちカレーの参考になるはず。

その他『横浜開港黒カレー 風我亭』の「ビーフ黒カレー」(辛口・甘口 800円)や『ちぃりんご&みのりんご』の「温玉のせキーマカレー」(700円)、『ふくしまレストラン』の「常磐鯛だし じゃぱにーず咖哩」(900円)などなど、多彩なカレーがラインナップ。

『横浜開港黒カレー 風我亭』の「ビーフ黒カレー」(800円)
『横浜開港黒カレー 風我亭』の「ビーフ黒カレー」(800円)

これらのカレーが食べられるエリアは、入場無料! たくさん目移りしつつ、さまざまなカレーを楽しんでみてほしい。

これだけではありません。さらなるお楽しみとしては、物販エリアでレトルトカレー専門店による出店もあること。今回出店しているカレー専門店の一部だが、レトルトカレーの販売も予定しており、お家に帰ってからもカレーを満喫できるので、こちらも要チェック!

次のページ
国内外で注目のアーティストが集結。珠玉の...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

絶対満足できる ご褒美うなぎ ほの甘いタレの香ばしい匂いに誘われて、今年もうなぎ特集がやってきました...