MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。

魚の駅 生地(最寄駅:生地駅)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。本ズワイはもちろんのこと、近海の鮮魚も扱っており、人気スポットとなっている。

魚の駅 生地

富山県黒部市生地中区265 ☎0765-57-0192 [営]『とれたて館』9時~18時、『できたて館』11時~15時、17時~22時 [休]1月1日 [交]とやま鉄道生地駅から徒歩7分 クルマ:都内から東名~名神~北陸自動車道黒部I.C経由で約5時間半  

電話番号 0765-57-0192
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
品書きに並ぶマグロ、マグロ、マグロの文字。その料理数、日替わりも入れると約40種! 
九十九里といえば焼ハマグリ! 目の前は海というロケーションで、自らコンロで網焼きする醍醐味。
まずは名物「貝の籠蒸し」をご覧あれ。日替わりで自慢の新鮮な貝を取り合わせ、豪快に蒸しあげた一品だ。
夜はサロマ湖の牡蠣、函館直送の寒ブリ、オホーツクのカニやジンギスカンといった北海道の食満載の料理店。だが昼の丼もまさしくザ・北海道! 
ほどよく脂をたたえた瑞々しい身の輝きから、間違いなしの旨さを確信する。刺身で食べても抜群の本マグロの中トロを、しゃぶしゃぶにするというのだから、なんとも贅沢。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。
パステルグリーンの外壁が目を引くメロン専門店。手がけているのは、青森県つがる市。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt