MENU
覆面調査で見つけた本当に旨い店が載る「元気が出る食の情報誌」
冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

冬になったら富山の『魚の駅 生地』にも弾丸です!(カニ/黒部市)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。

魚の駅 生地(最寄駅:生地駅)

日本海を代表するカニ、本ズワイガニ。資源保護のための禁漁が、新潟県より北の海域は10月に富山県より西の海域は11月6日に解ける。その味わいは濃く、身も締まっていて、「ズワイが一番!」という人も少なくない。そんなズワイを安く購入&食べるのであれば富山県の黒部漁港近くの「魚の駅 生地」がぴったり。本ズワイはもちろんのこと、近海の鮮魚も扱っており、人気スポットとなっている。

魚の駅 生地

富山県黒部市生地中区265 ☎0765-57-0192 [営]『とれたて館』9時~18時、『できたて館』11時~15時、17時~22時 [休]1月1日 [交]とやま鉄道生地駅から徒歩7分 クルマ:都内から東名~名神~北陸自動車道黒部I.C経由で約5時間半  

電話番号 0765-57-0192
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
カルパッチョが2段のスタンド仕立てで登場するなんて初体験だ。それも濃厚な甘エビからフレッシュオレンジを添えた真鯛まで、味も見栄えも華やかなあれこれに目がランラン&心ウキウキ。
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
「魚は捌くのも食べるのも大好き」とせっせと仕込みに余念がない料理人の平さん。旬の味を気さくに教えてくれる彼が立つカウンター席に陣取れば、この店にハマったも同然だ。
日本橋 まえ田のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。
同じく人形町にある人気店、「魚や きてれつ」の2号店として、今年1月にオープンした。テーマは「No Fish No Life」。
キッチングッズ屋さんで、白髪ネギカッターを発見! 料理に白髪ねぎがのっていると美味しいのになぁ~と思うけど、白髪ねぎを作るのは面倒だなぁ~って、けっきょく、やらないわたし。 たまたま、100均のダイソーでも白髪ネギカッターを見つけたので、今回は「DAISO」と「下村工業」の商品を使い比べてみました。
場所は御徒町のガード下。がらりと戸を開けると、いきなり活気ある厨房の風景が目に飛び込んでくる。
地元鎌倉の人が通う、古本屋にして立ち飲みバー。役者やバンド活動をするスタッフが日替わりで店に立ち、ホワイトボードのメニューも人により日ごと変わる。
JR天満駅から徒歩で約10分。住宅街にある和食「瑞」は、料理通なら心躍らせる食のテーマパークだ。 和食が素材にこだわるのは当然といえば当然。ええもんを、いかにひと手間加えて提供するのか、これが料理人の見せ所だ……。
店主は、千葉県で多店舗展開する『まるは』グループと蔵前の人気店『改』で修業を積んだ経歴の持ち主。「ラーメンは麺を食べるための料理だから」と、開業前から「麺は自家製麺」と決めていたという。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt