SNSで最新情報をチェック

福島県の会津エリアでは、庶民の味として「ソースかつ丼」が愛されていました。そんな会津のソウルフードを高速道路のSA/PAでも味わうことができるようになっています。今回、紹介するのは東北道の那須高原SA(下り)の「会津ソースかつ丼」です。


ソースをたっぷり浸みこませたカツをいただく

福島県の会津若松では古くから庶民の味として、「ソースかつ丼」が親しまれていました。その特徴は、ソースと言っていいでしょう。サラサラしたしょう油風味ではなく、トロリと甘く優しい風味。どこか懐かしいソースが、大きなカツにたっぷりと絡めてあるのです。那須高原SA(下り)のフードコートのお店『とん豚』の「会津ソースかつ丼」(1030円)は、そんな会津のスタイルを守ったスタンダードな味。ボリュームたっぷりのソースとカツでお腹を、会津の味に心を満たしてみるのはいかがでしょうか。

那須高原SA(下り)のフードコートのお店『とん豚』の「会津ソースかつ丼」(1030円)

豚のお肉をバラエティ豊かなメニューで味わう

那須高原SA(下り)のフードコートにある『とん豚』は、かつ丼とカツカレーを看板メニューとするお店です。かつ丼は、スタンダードな「三元豚のかつ丼」もあれば「会津ソースかつ丼」や「那須の三元豚 豚丼」「那須三元豚ロースカツカレー」も用意するなどバラエティも豊富。さらには「那須どりと那須御養卵の親子丼」もラインナップ。お肉大好きという方は、ぜひともチェックして欲しいお店です。

※本稿の内容は2022年8月取材時の情報です。

【店舗情報】
◆『とん豚』
[住所]:東北自動車道・那須高原SA(下り)内
[定休日]:なし
[営業時間]:11時~21時(ラストオーダー20時半)

文/鈴木ケンイチ 写真/NEXCO東日本

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...