SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

旬の食材は食べて美味しいだけではなく、栄養もたっぷり。本コーナーでは旬の食材の魅力をご紹介します。旬のものをたくさん食べて、体の内側から健康に、きれいになりましょう!

文/おと週Web編集部、画像/写真AC

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い魚と野菜

旬は春と秋。脂ののりが最高の秋のかますがおすすめ

かますにはいくつかの種類がありますが、スーパーで多く見かけるのは「あかかます」または「本かます」と呼ばれるもので、旬は春と秋の2回あります。初夏に旬を迎えるものもあり、そちらは鉛筆のような細身の「やまとかます」と呼ばれるものです。9月頃から旬を迎えるのが あかかます。 脂がのって旨味が増します。

かますは上品で淡泊な味わいの白身魚ですが、秋のかますは脂がのって、濃厚な味わいとなります。「秋かますは嫁に食わすな」という諺も。秋のかますがいかに美味しいかがわかると思います。

かますといえば、塩焼きや干物をイメージする人がほとんどかと思いますが、身はクセがなくふっくら柔らかなので、身厚のものが手に入ったら、3枚おろしにしてフライやムニエルにするのがお薦めです。かますは他の魚よりも内臓の量が少なく下処理がとても簡単なので、旬の季節には丸ごと一匹購入していろいろな料理にチャレンジしてみてください。

ちなみに、かますの身は刺身で食べるとほんのりとした甘みがあって美味なのですが、水分量が多いことから、新鮮なものでないと歯触りがイマイチに……。そのため、生食する場合は、炙りにしたり、昆布〆や酢〆など、ひと手間加えられることが多いようです。

美味しいかますの見分け方

目は澄んで透明、胴に丸みがあり、全体に張りとツヤがあるものを選びましょう。エラが鮮やかな赤色をしていて、うろこがしっかり残っていることが新鮮さの証拠です。

かますの注目栄養素

かますは脂質の少ない魚なので、ローカロリー。ダイエット中でも安心して食べることができるヘルシーな魚です。良質なタンパク質を摂れるほかに、造血を助けるビタミンB12も豊富に含まれています。

【今月の旬食材は?】いま1年で最も旨い魚と野菜

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...