SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★☆☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:カブ

よくある間違い:ブ

もともとカブはカブラと呼ばれていて、カブは略称でした。カブという名称を使っていたのはおもに関東地区、カブラは関西地区で使われていた名称でした。そして現在はカブという名称が定着しています。

カブは暑さに弱い野菜で、晩秋から冬が旬の野菜です。滋養の高い野菜で、春の七草のひとつとなっています。

春の七草とは「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」……。カブの名前が見当たりませんね。実は、カブの古称はスズナ(菘・鈴菜)。

スズナとは「神様を呼ぶ鈴」という意味を持つため、無病息災を願う春の七草では、今でもカブという正式名称ではなく、縁起の良いスズナという古称が使われているのです。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...