SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★☆☆☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:ういろう

よくある間違い:げろう

ういろうとは、米粉に砂糖と湯水加えて練り合わせ、型に注いで蒸して作られた和菓子です。米粉のかわりにクズ粉やワラビ粉、小麦粉などを使用して作られることもあります。

名前の由来には諸説あります。ひとつは、中国から伝わった外郎薬と呼ばれる薬の色が似ていることから「ういろう」と呼ばれるようになったという説。もうひとつは、外郎薬の口直しの菓子として添えられたからという説です。

全国の製法が広がったのは江戸時代と言われていますが、形状は地方によって若干異なります。ようかんのような形状のものが一般的ですが、三角形のもの、あんこを薄く伸ばしたういろうで包んだものなど、さまざまな形状ものがあります。

発祥の地にも諸説ありますが、博多や京都という説が有力。では、なぜ名古屋=ういろうなのでしょうか? それは、東海道新幹線が開通の時に名古屋土産として車内販売されたことがきっかけと言われています。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

あの人も大好きな うつくしき蕎麦 輪郭は淡く朧げ。しかし、どこか心の原風景を刺激する郷愁感溢れる香り...