MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
それいゆ(和食/赤羽)|着物を粋に着こなす店主が作る家庭的な料理をつまみにほろ酔う

それいゆ(和食/赤羽)|着物を粋に着こなす店主が作る家庭的な料理をつまみにほろ酔う

 赤羽生まれ、赤羽育ちの店主・三林さんが作るのは、旬の食材を使用し、手間ひまかけた家庭的な料理だ。定番として用意する刺身の他に、野菜の煮物や自家製トマトソースのパスタまで、和洋問わず日替わりで用意する。

それいゆ(最寄駅:赤羽駅)

どれもほっとできる気取らない味わいが魅力で、杯も思わず進んでしまう。たった9席の店ゆえ、少人数で予約してから来店を。

お通し(プティベールと合鴨スモークのマスタードソース、マッシュルームのアンチョビオイル煮、キンカンとニンジンのマリネ カレー風味)
1080円

まず出されるのが日替わりの3種の小鉢。彩りも鮮やかで、酒のアテにもピッタリ

サボイキャベツとソーセージの和風ポトフ
864円

和風ダシにニンニクやローリエで風味をつけたスープでじっくり煮込み、キャベツの甘みを引き出している。

栃尾揚げと米茄子の含め煮
702円

栃尾揚げの旨みとコクがあっさりとした米茄子にしっかりとしみ込む

それいゆ

東京都北区赤羽1-67-56 [TEL]080-3448-8335 [営業時間]19時~24時(23時半LO) [休日]日(祝は不定休) [席]カウンター7席、テーブル2席×1卓 計9席/喫煙可/予約可/カード不可/席料+お通し代1080円別 [交通アクセス]JR埼京線ほか赤羽駅東口から徒歩3分

電話番号 080-3448-8335
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
創業から65年を迎える福島県の干物メーカーの旗艦店。今年から名物の干物を使った鍋がスタートした。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt