MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
これでもか!な量の刺身と素材を活かした味付けに感服|二升五合(居酒屋/亀戸)

これでもか!な量の刺身と素材を活かした味付けに感服|二升五合(居酒屋/亀戸)

「魚が好き」という店主が鮮度にこだわって築地から仕入れる食材は、旬を意識した完全日替わり。若い頃は1日に30種類を捌いていたという店主により、それぞれの個性が引き出される魚貝類は、最高の状態で供される。

二升五合(最寄駅:亀戸駅)

例えば牡蠣は西京漬け(690円)にすることで旨みを凝縮。ひと手間かけたり洋食のエッセンスも取り入れた料理からも、魚の美味しさを再認識できる。日本酒は随時入れ替わりで15種類ほど用意。締めにサービスで出されるスープは、魚の骨からとったコクのあるダシがしみじみ美味しい。

刺身盛り合わせ
2000円※写真は2人前

「刺身盛り合わせ」は、8~10種類のる。1人前は平均1000円だが、内容により価格が多少変わることも。あしらいとして添えられる塩昆布で昆布〆風にも。
蒼田純米吟醸(一合) 900円

名物 イカメンチ
590円

ザクザクとした食感の衣の下に、たっぷり入ったイカのすり身とぶつ切りが入る「イカメンチ」。半透明になるまで熱を加え甘みが引き出された玉ネギがつなぎとなり、ほろりと柔らかに仕上げられている。ひと口頬張ればイカの旨みが口いっぱいに広がる

[酒]ビール中生490円、大瓶550円 焼酎450円〜 ワイングラス420円〜、ボトル2800円〜、日本酒一合450円〜 
[その他のメニュー]出汁巻玉子680円、海老すり身と胡麻のクリームチーズディップ780円、のど黒丸干し(2尾)890円、えぞ鹿溶岩焼1290円、鮑肝たまり漬け590円、おつまみ3点盛り990円

二升五合

[住所]東京都江東区亀戸2-12-1 クレストコート小島1階 [TEL]03-5609-7722 [営業時間]11時~15時(14時半LO)、17時~23時半(23時LO) ※ランチタイム有 [休日]月 [席]カウンター4席、4席×4卓、6席×1卓 計26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し別350円 [交通アクセス]JR総武線など亀戸駅北口から徒歩5分

電話番号 03-5609-7722
2017年5月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
ぷりっとした西京焼きに、芳しきイワシの燻製、その他肝入りのイカ丸干し、鮭ハラスなど備長炭で焼き上げられる炙り系が多数揃う。鶏肉にも自信あり。
老舗が軒を連ね、昔ながらの面影を残す烏森神社の参道に、昨年9月新店がお目見えした。つまみは、牛スジたっぷりの煮汁が染みた自家製おでんの他に、熊本の有名店の唐揚げや北海道から届く餃子など、オーナーがリスペクトする全国のお取り寄せも並び、食のセレクトショップとしての楽しみもある。
赤と白、アナタはどちら?いえ紅白歌合戦ではありません、煮込みの味の種類のこと。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt