MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
【閉店】炭火焼肉ごろう 渋谷店|太陽を浴びた瀬戸内レモンの心地いい酸味が冴える!(焼肉/渋谷)

【閉店】炭火焼肉ごろう 渋谷店|太陽を浴びた瀬戸内レモンの心地いい酸味が冴える!(焼肉/渋谷)

黒毛和牛一頭買い・一括仕入れで、コスパもよく、希少部位も存分に楽しめるのが魅力。それらを七輪を使って炙り焼きするのがたまらない。

perm_media 《画像ギャラリー》【閉店】炭火焼肉ごろう 渋谷店|太陽を浴びた瀬戸内レモンの心地いい酸味が冴える!(焼肉/渋谷)の画像をチェック! navigate_next

※閉店※炭火焼肉ごろう 渋谷店(最寄駅:渋谷駅)

で、そこに合わせたいのが「瀬戸内生レモンハイ」。国産レモンといえば、真っ先に思い浮かぶのが広島産だが、こちらの店も広島発。瀬戸内海に浮かぶ生口島産の太陽をたっぷり浴びて育ったレモンにこだわっている。氷結させたキンミヤ焼酎にレモンのくし切りを搾り、よく冷えた強炭酸を注ぎ込む。うん、心地いい酸味と苦み。いろんな部位を少しずつ、希少部位盛りをジュウジュウやって、品よくとろける脂や肉の旨みをモグモグしたところをシュワ~と流す。贅沢な気分やなあ。

瀬戸内生レモンハイ
594円

希少部位6点盛り(2人前)
3844円

6点盛りの中身は、厚切り特タン、ミスジ、特上カルビ、カメノコ、ザブトン、トモサンカク。いろんな部位それぞれの旨さを堪能できる

本日の塊焼き(しんしん)
1922円

ローストビーフよろしく塊焼きにしてくれる。外はこんがり、中はロゼピンクで、噛みしめるとジワワ~と肉の旨みが

瀬戸内レモンジェラート
324円

食後は瀬戸内レモンを使ったジェラートでさっぱり

※閉店※炭火焼肉ごろう 渋谷店

東京都渋谷区道玄坂1-17-4 [TEL]03-3464-8487 [営業時間]17時~24時(23時LO) [休日]無休 [席]カウンタ-8席、テーブル38席 計46席/全席喫煙可/予約可/カード可/お通し200円 [交通アクセス]JR渋谷駅西口から徒歩6分

電話番号 03-3464-8487
2017年5月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
好きな肉を好きな焼き加減で気軽に楽しむひとり焼肉。コロナ禍でますます需要が高まると共に人気も集めているという。入りづらい、いろいろ食べられない……実際に足を運ぶと、そんな 不安を吹き飛ばすかのようなパラダイスだった! ※取材は2020年2月に行っています。
和牛にこだわり続けて45年以上という老舗焼肉店が、江東区に初進出。もちろん、使用するのは市場にほぼ出回らない希少銘柄・増田牛をはじめ、全国から選りすぐった雌の黒毛和牛だ。
肉は自社の生肉卸から仕入れるため、質と鮮度はもちろん価格も魅力的。肉のプロフェッショナルである店主が、状態を見極め、その日最高の逸品を提供する“おまかせコース”でその実力を体感しよう。
歯を押し返す弾力ある肉をグッと噛み切れば赤身肉独特の芳醇な香り、肉汁が口に広がっていく。「むぅ、旨い」思わず声が漏れてしまう。
部位ごとの特性を生かし甘みや旨みを最大限に引き出した奥深さを堪能できるタン!
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル