MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
表参道で“焼きとんデート”ならココ!「やきとん ざぶ」(串焼き/表参道)

表参道で“焼きとんデート”ならココ!「やきとん ざぶ」(串焼き/表参道)

バーのようなカウンターが目を引くインテリア。一歩入れば「ここで焼きとん?」と意外な驚きに心躍らされるに違いない。

やきとん ざぶ(最寄駅:表参道駅)

表参道で“焼きとんデート”ならココ!知っていれば一目置かれるオシャレ系

 店主の鈴木さんは渋谷の『やきとん大地』で修業して独立。カップルや女性でも楽しめる新しいもつ焼きのスタイルを提案している。とはいえオシャレなだけではない。毎朝市場に出向き自らの目利きで仕入れる部位を味わえば、その実力は一目瞭然だ。ナンコツだけでも3種を用意し、仕込みで出た端材で作る自家製挽き肉の「マクラ」(つくね)など通を唸らせる品揃え。ワインも豊富で、ひと味違うもつの魅力を堪能できる。

おまかせ串焼き6本盛り合わせ
1640円

部位はその日で変わる。仕入れは業者任せにせず、店主がもつの色や厚みなどを見て毎日厳選。ひとり1本限定の「マクラ」は自家製挽き肉をつなぎナシで仕上げる。ネギ油とゴマ油を絡めた千住ネギをたっぷりのせた「ねぎレバ」も名物だ。最高級の紀州備長炭で旨みを逃がさないよう焼き上げている

茄子マーボー
1000円

「茄子マーボー」はトロッと甘い熊本の赤ナスが美味。

しば漬けポテサラ
660円

しば漬けを入れた鮮やかなポテサラも人気だ

自家製サングリア
680円

オシャレなドリンクも多彩。ワインは18種ほど揃える

ワイン(白グラス)
650円

あらごしマンゴー
680円

もつ煮込み
650円

かつて飲み屋を営んでいた店主の祖母の味をそのまま受け継いだという。生の豚モウチョウに味噌とコチジャンを揉み込んでから煮ると、味がよく染みてふくよかな旨みに。ちょっとピリッとした刺激もクセになる

やきとん ざぶ

■『やきとん ざぶ』
[住所]東京都渋谷区渋谷2-2-1 青山グリーンプラザ2階
[TEL]03-5778-3629
[営業時間]17時~24時(23時LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]カウンター12席、テーブル席10席、個室1室(8名) 計30席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し350円別
[アクセス]地下鉄銀座線ほか表参道駅B1出口から徒歩8分

電話番号 03-5778-3629
2017年6月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ストップをかけるまでお任せで供される串揚げは、全種類180円とリーズナブル。定番の肉や魚介、野菜類のほか、「ハマグリ」や「生湯葉」といった独創的なメニュー、月ごとの旬のものなど約40の食材が並び、あれこれ食べたくなるはず。
開店14年を迎える焼きとん屋。昔は立ち飲みだったが10周年を機に席が設けられ、座って食事できるようになった。
 まずは串カツ。ソース2度漬け禁止の関西流だが、そのソースにはシャモロックのガラのダシを加えるなどひと工夫し、八戸流に仕上げている。
厳選された旬の食材に、完ペキなる火入れ、サックリ軽い食感と、この串揚げの旨さの理由を挙げればキリがない。が、あえてひとつ注目するなら、それはパン粉だろう。
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
水切り、混ぜる、刻む。 1台3役の調理器具、「Toffy 3WAY サラダスピナー」が便利でいいというハナシを聞いて……。 自粛中ということもあり、ネットでポチっと購入。 さっそくいろいろな料理に使ってみました。
“恵み”を意味する『ALMA』では、東北六県の魚介類や野菜の仕入れにこだわり、各地の魚屋や農家と密に連携し毎日の食材を取り揃えている。写真の自家製の平打ちパスタにごろっと入るのは、もちろん六県各地の漁港から集まった新鮮なムール貝、ホタテ、サザエにツブ貝たち。
店頭の焙煎機で自家焙煎された、オススメのコーヒー豆が壁際に10種類ほど。極力環境にやさしい栽培で、丁寧に収穫された豆を、肩肘張らずに扱っている。
この店の厨房を預かるシェフは御年70歳に近い大ベテラン。その手から生まれるカレーは「昔ながらの優しい味」と店主のチェトリさん。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt