SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

動物写真家の小原玲さん(1961~2021年)は「アザラシの赤ちゃん」などカワイイ動物をカメラに収め、作品の数々が多くの人に愛されています。2022年夏には24時間テレビでその足跡が紹介されたほか、秋には遺作写真集『森のちいさな天使 エゾモモちゃん』(講談社ビーシー/講談社)が出版され、東京都内でメモリアル写真展も開催されました。2023年年明けの特別企画として、小原さんの被写体の中から人気の「シマエナガ」の豆知識を10回にわたってお届けします。

軽量カメラが適切

シマエナガは動きが早く、2秒と同じ場所に止まっていないので手持ちで超望遠の写真が撮れるAF(オートフォーカス)の早い、軽量カメラでの撮影が向いています。小原玲写真集『シマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の撮影では、ミラーレスカメラの富士フイルムX-T2、X-Pro2ののボディにXF100-400mm望遠レンズと1.4倍のテレコンバーターを付けたものを使用しています。身軽なのでシマエナガを探して歩き回ることもできますし、自然の色をよく引き出し、小鳥の毛を細く繊細に、かつ柔らかい質感で表現できる点が気に入っています。

また、鳥たちは鳴き声でコミュニケーションを取るので、できるだけ小さなシャッター音のカメラで静かに撮り、急な動きをしないことを心がけています。それが自然な姿を撮るコツです。

小原玲(おはら・れい)
1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒。写真週刊誌『フライデー』専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として国内外で活動。1989年の中国・天安門事件の写真は米グラフ誌『ライフ』に掲載され、「ザ・ベスト・オブ・ライフ」に選ばれた。1990年、アザラシの赤ちゃんをカナダで撮影したことを契機に動物写真家に転身。以後、マナティ、プレーリードッグ、シマエナガ、エゾモモンガなどを撮影。テレビ・雑誌・講演会のほかYouTubeに「アザラシの赤ちゃんch」を立ち上げるなど様々な分野で活躍した。写真集に『シマエナガちゃん』『もっとシマエナガちゃん』『ひなエナガちゃん』『アザラシの赤ちゃん』(いずれも講談社ビーシー/講談社)など。2021年11月17日、死去。享年60。

小原玲さん

小原玲写真集『シマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3v7cw5D

小原玲写真集『シマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

小原玲写真集『もっとシマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3HLMcFO

小原玲写真集『もっとシマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

小原玲写真集『ひなエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3VaalJp

小原玲写真集『ひなエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

写真集『森のちいさな天使 エゾモモちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3U93TC7

写真集『森のちいさな天使 エゾモモちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

写真集『アザラシの赤ちゃん かわいいのヒミツ』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3jbIR8P

写真集『アザラシの赤ちゃん かわいいのヒミツ』(講談社ビーシー/講談社)

【小原玲さんの関連グッズ】
動物写真家・小原玲さんが撮影したシマエナガやアザラシの赤ちゃんのカワイイ作品がプリントTシャツになった!(購入はコチラから)https://kodanshabc.base.ec/

シマエナガちゃんTシャツ

動物写真家の小原玲さん(1961~2021年)は「アザラシの赤ちゃん」などカワイイ動物をカメラに収め、作品の数々が多くの人に愛されています。2022年夏には24時間テレビでその足跡が紹介されたほか、秋には遺作写真集『森のちいさな天使 エゾモモちゃん』(講談社ビーシー/講談社)が出版され、東京都内でメモリアル写真展も開催されました。2023年年明けの特別企画として、小原さんの被写体の中から人気の「シマエナガ」の豆知識を10回にわたってお届けします。

白い顔の鳥を見つけて

北海道内の緑が多い公園、神社、緑地などで会うことができます。

シマエナガは北海道内ではわりとポピュラーな種類の鳥で、札幌市内の大通公園のような都心部でも見ることができ、人里に近い環境を好みます。たとえばエゾリスがいるような公園、神社、緑地なら、さらに出会える確立は高くなります。

シマエナガは“混群”になって移動するので、まずその群れを探し、その中に白い顔の鳥を見つけましょう。

小原玲(おはら・れい)
1961年、東京生まれ。茨城大学人文学部卒。写真週刊誌『フライデー』専属カメラマンを経て、フリーランスの報道写真家として国内外で活動。1989年の中国・天安門事件の写真は米グラフ誌『ライフ』に掲載され、「ザ・ベスト・オブ・ライフ」に選ばれた。1990年、アザラシの赤ちゃんをカナダで撮影したことを契機に動物写真家に転身。以後、マナティ、プレーリードッグ、シマエナガ、エゾモモンガなどを撮影。テレビ・雑誌・講演会のほかYouTubeに「アザラシの赤ちゃんch」を立ち上げるなど様々な分野で活躍した。写真集に『シマエナガちゃん』『もっとシマエナガちゃん』『ひなエナガちゃん』『アザラシの赤ちゃん』(いずれも講談社ビーシー/講談社)など。2021年11月17日、死去。享年60。

小原玲さん

小原玲写真集『シマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3v7cw5D

小原玲写真集『シマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

小原玲写真集『もっとシマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3HLMcFO

小原玲写真集『もっとシマエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

小原玲写真集『ひなエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3VaalJp

小原玲写真集『ひなエナガちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

写真集『森のちいさな天使 エゾモモちゃん』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3U93TC7

写真集『森のちいさな天使 エゾモモちゃん』(講談社ビーシー/講談社)

写真集『アザラシの赤ちゃん かわいいのヒミツ』(講談社ビーシー/講談社)の購入はコチラ
https://amzn.to/3jbIR8P

写真集『アザラシの赤ちゃん かわいいのヒミツ』(講談社ビーシー/講談社)

【小原玲さんの関連グッズ】
動物写真家・小原玲さんが撮影したシマエナガやアザラシの赤ちゃんのカワイイ作品がプリントTシャツになった!(購入はコチラから)https://kodanshabc.base.ec/

シマエナガちゃんTシャツ

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

旨さ鮮烈。しみわたる一杯 至極のラーメン 着丼とともに鼻孔をくすぐるスープの香り、ひと口飲めば身体の...