SNSで最新情報をチェック

画像ギャラリー

「アザラシの赤ちゃん」や北海道に生息する小鳥「シマエナガ」などカワイイ動物を撮り続けてきた動物写真家の小原玲さん(1961~2021年)が、8月28日放送の「24時間テレビ」で紹介されました。番組では、死の直前に北海道で撮影した「最後の動画」を公開。スクープを連発した報道写真家から動物写真家に転身した足跡をたどるとともに、妻で作家、大学教授の堀田あけみさんへのインタビュー映像も流れました。番組での公開に際し、堀田さんから小原さんへの想いを込めた文章が届きました。2人の出会いに始まって、被写体が「アザラシの赤ちゃん」から「シマエナガ」に向かった経緯、そして永遠の別れまでがつづられています。堀田さんの寄稿「後悔していない」を掲載します。

「もう命を賭けるような写真の撮り方はしません」

初めて会ったときに、もらった名刺の肩書きは「報道写真家」で、
「だけど、もう事件とか事故とかを撮る気はないんです」
と言っていた。この世界に「今度」は、あんまり存在しない。一緒にご飯食べましょうとか、あれを送る、これを送るってのは、待ってても来なくて、大人の社交辞令だと学習するのに時間がかかったのは、大人の世界に入るのが十七歳と、ちょっと早かったからだ。田舎もんだったし。だから、
「明日から取材に行きます。お土産買ってきますね」
初対面の人からそう言われても、社交辞令には懲り懲りで。私も、もう大人だった。

十日ほどして大きな包みが届いた。アザラシの写真集には知らない女の人の名前の後に、その人の名前があって、マナティのTシャツとぬいぐるみが入っていた。なんだ彼女持ちか。こちらが訊く前から、バツ二で今は独身だと言った。

社交辞令を言わない人と結婚したのは、
「写真に命を賭ける人の子どもは産めません」
と言うのに、
「もう命を賭けるような写真の撮り方はしません」
と答えたからだ。

小原玲さんとアザラシの赤ちゃん

次のページ
「二週間」のはずが「二ヶ月」 生き方を支...
1 2 3

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

歴史と美味に触れる、小さな旅 ふらり、大江戸散歩 最先端技術の鎧をまとった都市・東京。しかし、ぶらり...