SNSで最新情報をチェック

日常にはさまざまな漢字が溢れています。それは生活にうるおいや豊かさをもたらす「食」の分野でも顕著。食べ物にまつわる漢字を知れば、それはそのまま普段の生活がより彩り豊かで楽しいものになるはず。

本コーナーでは「あれ、これどう読むんだっけ?」と思ってしまうような、忘れがちな難読漢字をお届けします。漢字を覚えて食生活を豊かにしよう!! 正解が分かった方は、ぜひこの食べ物との思い出を一緒に呟いてください!!!!

文、画像/おと週Web編集部

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

難易度:★★★★☆

■難読漢字、食べ物編の正解はこちら

正解:ビーツ(「 カエンサイ 」も正解)

鮮やかな赤色が特徴的なビーツは、サトウダイコンの変種で、テンサイの仲間です。和名は「カエンサイ」です。ウクライナの代表的料理のボルシチには欠かせない食材です。

ほうれん草のような少し土臭い香りを持つ、少々クセが強めの野菜です。テンサイ同様、ビーツもほうれん草の仲間ということから、香りが似ているというのも納得ですね。

火焔菜という漢字の由来は、その燃えるような赤色の見た目からきています。このビーツの血液のような赤い色の素である色素はポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用を持ちます。そのため、近年では日本でも、生活習慣病の予防、アンチエイジングに効果がある野菜として人気となっています。

【写真ギャラリーで読み方を当てよう】何問わかる? 過去に出題された難読漢字クイズに挑戦!!

関連キーワード

この記事のライター

関連記事

あなたにおすすめ

最新刊

話題のひと皿から行列店まで 噂の味 覆面大調査 巷で噂のあのメニューやお店、エリアなど、気になるあれ...