MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

厳選した全国の地鶏&銘柄鶏から日替わりで提供。目を引くのは調理場をぐるりと取り囲むように配置された大きなカウンター席。さながら中央の焼き台はどの席からも焼き手の作業が見える舞台のよう。そこで土佐備長炭の香ばしい煙に包まれて焼かれているのが、全国各地から厳選した地鶏と銘柄鶏の焼き鳥だ。

perm_media 《画像ギャラリー》[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)の画像をチェック! navigate_next

手前からつくね370円、日替わりの正肉(水郷赤鶏650円、名古屋コーチン700円、宮崎地頭鶏760円)、むね肉のししとう焼き320円、手羽430円、レバー270円(各1本の値段)

ボリュームたっぷりの正肉は3種の銘柄を日替わりで提供。皮やモモ肉などを配合した挽き肉を使うつくねも人気

【閉店】鳥焼 金太郎
飯田橋

脂ののりが抜群の「名古屋コーチン」や、旨みのバランスがいい「比内地鶏」など、日々の仕入れによって常時5、6種類を揃えている。 人気は1本にムネ肉とモモ肉が入る日替わりの正肉。旨みをダイレクトに味わえるよう塩で食すのがおすすめで、広島の藻塩など3種類を使い分けている。〆には、せせり肉とバターをたっぷり使った「チキンライス」をぜひ。材料不足で一時止めていたが、常連客の要望で週3日(火、木、土の夜)だけ復活させた幻のメニューだ。 

チキンライス
840円(火、木、土の夜のみ提供)

せせりとタマネギなどを具材にバターで炒めたチキンライス。濃過ぎず優しい味わい

ササミの味噌たたき
590円

麦味噌でササミをたたきにした酒の肴

【閉店】鳥焼 金太郎
飯田橋

東京都新宿区津久戸町3-20イサミビル1階 ☎03-5228-2989 [営]11時半~13時、17時~23時(22時LO) [休]日(月が祝の場合は日営業して月休み) [席]カウンター24席、テーブル4席×5卓、計44席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し360円別 [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B4b出口から徒歩7分

電話番号 03-5228-2989
2015年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
岩手県産みちのく鶏のみずみずしさを活かし、備長炭の遠赤効果で均等に加熱して、ジューシーに焼き上げた串が名物。肉の仕入れに強いこだわりがあり、近江牛のもつ鍋、宮崎産妻地鶏のたたきなども評判だ。
揚げたてを積んだ唐揚げの山。これぞパワフルランチ!と絶叫したくなるボリュームだ。それもこれも「界隈で働くビジネスマンはもちろん、体力勝負のガテン系の職人さんも、気取らずお腹いっぱい食べてほしい」という社長の粋な心意気ゆえ。
西日暮里にある鶏料理の名店「鳥のぶ」から独立して3年。もはや根岸を代表する居酒屋と言っていい。
有名店や老舗をはじめ、焼鳥店が山のようにある銀座でも、ここは通いたくなる店の筆頭格だ。まずはもちろん大将の熟練の技が光る串物を。
世は低糖質が花盛り。でも……、いやだからこそ、炭水化物という名の背徳の美味に、より心惹かれてしまうのだ(と思う)。
ライター・菜々山いく子が、くすんだ日常生活に彩りと潤いを与えるYouTubeの魅力を紹介する本記事。様々なYouTuberがいますが、今回紹介する方はおっさんサラリーマン! その名も大西 祐次郎。ダジャレを炸裂しつつも、実は料理を美味しそ〜うに撮る実力者なのです。
大坂の陣における真田丸は最強の砦だったが、こちらの看板地鶏「真田丸」は言わば最高の食材。「力強い歯応えと脂のコクが串焼きに最適」と社長が惚れ込み、生産者から直で仕入れている。
お小遣いの少ない飲み助にとって、家呑み用ツマミとして自由に買えるナンバー1は駄菓子なのではないか! とはいえ、そのまま食べるのも大人としていかがなものか!! ライター・カーツさとうが駄菓子を使った一品料理を考案。レシピ、動画付きでお届けします。
南インド料理の人気店『ダクシン』のビリヤニはチェティナード風。チェティナードとは南インドの地方名で、リゾート地として知られる。
「酒」の提灯、その奥に垣間見える楽し気なカウンターに、まずノックアウトだ。しかし、ここ『洒落者』の本領は、そのカウンター奥から次々と繰り出される、「ほんとにこの値段?」と思わせる素晴らしいつまみの数々だ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル