MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

[閉店]鳥焼 金太郎(焼き鳥/飯田橋)

厳選した全国の地鶏&銘柄鶏から日替わりで提供。目を引くのは調理場をぐるりと取り囲むように配置された大きなカウンター席。さながら中央の焼き台はどの席からも焼き手の作業が見える舞台のよう。そこで土佐備長炭の香ばしい煙に包まれて焼かれているのが、全国各地から厳選した地鶏と銘柄鶏の焼き鳥だ。

手前からつくね370円、日替わりの正肉(水郷赤鶏650円、名古屋コーチン700円、宮崎地頭鶏760円)、むね肉のししとう焼き320円、手羽430円、レバー270円(各1本の値段)

ボリュームたっぷりの正肉は3種の銘柄を日替わりで提供。皮やモモ肉などを配合した挽き肉を使うつくねも人気

【閉店】鳥焼 金太郎
飯田橋

脂ののりが抜群の「名古屋コーチン」や、旨みのバランスがいい「比内地鶏」など、日々の仕入れによって常時5、6種類を揃えている。 人気は1本にムネ肉とモモ肉が入る日替わりの正肉。旨みをダイレクトに味わえるよう塩で食すのがおすすめで、広島の藻塩など3種類を使い分けている。〆には、せせり肉とバターをたっぷり使った「チキンライス」をぜひ。材料不足で一時止めていたが、常連客の要望で週3日(火、木、土の夜)だけ復活させた幻のメニューだ。 

チキンライス
840円(火、木、土の夜のみ提供)

せせりとタマネギなどを具材にバターで炒めたチキンライス。濃過ぎず優しい味わい

ササミの味噌たたき
590円

麦味噌でササミをたたきにした酒の肴

【閉店】鳥焼 金太郎
飯田橋

東京都新宿区津久戸町3-20イサミビル1階 ☎03-5228-2989 [営]11時半~13時、17時~23時(22時LO) [休]日(月が祝の場合は日営業して月休み) [席]カウンター24席、テーブル4席×5卓、計44席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、お通し360円別 [交]地下鉄有楽町線ほか飯田橋駅B4b出口から徒歩7分

電話番号 03-5228-2989
2015年12月号発売時点の情報です。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
比内地鶏と名古屋コーチン。日本を代表するふたつの地鶏を澄んだ鶏スープに入れ、中火で炊くこと90秒。
都内を中心に店舗展開する「鳥元」だが、立ち飲みスペースがあるのはここだけ。電車に乗る前でも後でも、サクッと寄れる気軽さが駅直結ならではの魅力だ。
東京駅丸の内駅舎内に位置する名門ホテルの地下1階。中に入れば駅の喧噪とは無縁の世界。
最高級比内地鶏の串焼きに、銚子港から届く地魚、70種類も揃える日本酒と、店の自慢は数多い。この「鳥すき焼」もそのひとつ。
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。
埼玉県・川越市にて、旧家の邸宅を公開している庭園。始まりは明治2年(1869)創業の材木商「丹波屋」。
名古屋最大の繁華街といえば、栄。しかし、このエリア外にだって美味しい店はある。 それが今回紹介する『膳処 桂川』である。 北区黒川で12年間居酒屋を経営していた桂川真一さんが、昨年4月にオープンさせたお店だ。
愛知県の豊橋に降り立ったのは1978年のこと。 撮影の目的は飯田線です。このころの飯田線は魅力的で、国鉄各線で使われていた古い車両がまだ走り続けていました。 当時はいろいろな車両が走る飯田線で頭がいっぱいで、豊橋駅付近の、鉄道以外の魅力に気づきませんでした。 たとえば豊橋カレーうどん、そしてブラックサンダーです……。
納豆が書物に登場したのが平安中期のこと。一説には弥生時代にはすでに食べられていたとも言われている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt