MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
極上ひとりメシをご紹介!おと週ライターオススメのひとりメシならココ!

極上ひとりメシをご紹介!おと週ライターオススメのひとりメシならココ!

毎度取材で旨いものにありついているおと週ライターですが、プライベート飯もやっぱり三ツ星!そんな東京都内極上ひとりメシをご紹介します。

レバーランド(最寄駅:蒲田駅)

肥田木イチオシ!
「コンセプトは第2の我が家 ホッと寛げる立ち飲み酒場」

『レバーランド』の白レバー鉄板焼き 420円

蒲田屈指の人気酒場、通称“レバラン”。気軽な立ち飲みカウンターがあるので私みたいな呑んべえもひとりでふらっと入れるまさにパラダイス!しかも料理がどれも唸るほど安くて旨い。白レバー鉄板焼きやレバカツ串など名物のほか、揚げ物、飯物、小ポーションのつまみも多いからひとりメシに最適だ。フレンドリーな店主を中心にお隣さんとも自然と会話が弾む、アットホームな雰囲気も魅力!

食堂とだか(最寄駅:五反田駅)

いからしイチオシ!
「酒飲みのツボを押さえたありがた~い旨いもの屋」

『食堂とだか』の名物 牛ごはん 900円

ひとりメシといっても、まずは一杯ということになるわけだから、とりあえず旨いツマミがあることが三ツ星の絶対条件。その点、この店はポテサラやもつ煮など“ちょっとしたもの”が多数あるので、まずは一杯にうってつけ。というか、数種類から選べるお通しがすでに立派な小皿料理なので、それでけっこう飲めたりする。で、〆には軽く炙った和牛ロース肉の牛ごはん。これまた、おひとりさまサイズで、まっことありがたい限りなのである。

みのる食堂 銀座三越(最寄駅:銀座駅)

白石イチオシ!
「最近、腹が出た……野菜をもりもり食べたい夜に」

『みのる食堂 銀座三越』の”みのり”野菜御膳 1890円

築地暮らし6年。寿司を食い過ぎて肥えた私が密かに通うのがここ銀座三越の『みのる食堂』。全農が経営するだけあって食材が新鮮、そして安い。ひとり客に嬉しい夜の定食があり、お気に入りは旬の野菜をバランス良く食べられる“みのり”野菜御膳だ。飲み会の後にラーメンより〆スイーツ派の私はひとり二次会にもよく利用する。夜遅くに絶品プリンを食べられる店は貴重……って、あらまた太る。

AMANA(最寄駅:大塚駅)

菜々山イチオシ!
「好みのサイズや量で注文できる、ひとり晩酌にもピッタリな洋食店」

『AMANA』のカキフライ 2個 500円、イカフライ 2個 200円、メンチかつ 1個 450円

ひとりメシで困るのが1人前の量。ホントは色んな料理を食べたいけど……なんてことないですか?オススメしたいのがコチラの洋食店。カキ、イカ、コロッケなどのフライ系は1個からでも揚げてくれるし、ハンバーグやメンチかつは、小さめ、大きめなどお腹の具合に合わせて調節してくれる。アルコールが充実しているのも嬉しいところ。洋食メニューをつまみに晩酌はいかが?

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
どんなジャンルであれ商売の世界では、お客様へどれほどの満足と感動をお届けできるかが大事。そしてその世界に到達するには、掛け値なしの日々の努力が肝要だ。そんな 「真の感動」をもたらす取り組み方について語る、人気対談企画の第2回目。今回は四川料理人の菰田欣也さんと、高級化粧品会社の代表・小林章一さんが、熱く共鳴し合いました。
1185views まとめ記事
今日は絶対に肉が食べたい!定期的にそんな日が訪れますよね。ここでは美味しいお肉料理が食べられる人気店を、グルメライターが実食調査して、本当におすすめしたいお店だけをご紹介します!安く味わえるランチの時別メニューも必見です。
博多・天神エリアを中心に、ご当地の名物グルメを知り尽くした現地調査員たちが、本当に旨いお店を厳選!中でも特におすすめしたい情報だけをまとめました。地元の人はもちろん、出張で訪れた際にも、ぜひ参考にしてください!
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
21052views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
爽やかながら甘みもある日本生まれならではのバランスのよさはこれぞ洋食系の味わい!
吉祥寺の焼き鳥屋といえば『 I 』である。 吉祥寺通りの総本店、井の頭公園の入り口の公園口店は、みんな知ってるよね。 しかし実はもう一店舗あるんですよ。吉祥寺北口店が! ここは、意外に知られてないんだよね……。
いま思い出してもあの衝撃は記憶に残る……。 「なにこれ⁉ 美味い!」と思わず声を張りあげてしまったほど。 この素敵な出会いは、ディナーに誘われて迷い込んだお店で始まった。それが、内外観には草木の緑とレンガで彩られ、入った瞬間、なんとも言えない温かい空気を感じる「ONZORO.」というビストロだった。
お茶割り好きならすでにご存知であろう学芸大学の『茶割』。その新店として今年3月に登場したのが『茶割 目黒』。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt