MENU
ログイン
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
喫茶店 ペドラブランカ(戸越)-ホットケーキのグルメ取材記事と写真

喫茶店 ペドラブランカ(戸越)-ホットケーキのグルメ取材記事と写真

戸越にある喫茶店 ペドラブランカのホットケーキは厚さ3、4㎝の2段重ねとは何とも幸せ! トッピングはバターのみという潔さにもグッとくる。[住所]東京都品川区戸越2-8-18

喫茶店ぺドラブランカ(最寄駅:戸越駅・戸越公園駅)

ホットケーキ、トッピングはバターのみという潔さに脱帽

20分かけて焼く生地は卵の味が濃く、表面はサクッ、中はしっとり。とろけるバターの塩味がもうこれ以上ないぐらいのバランスで寄り添って、その完成度に思わず拍手喝采なのだ。こだわりは国産小麦粉など食材を吟味し、卵をたっぷり使うこと。基本の大切さが伝わる感動の味を、自家焙煎コーヒーと共に頬張って。

ホットケーキ
800円(飲み物セットは1200円)

自家焙煎コーヒー
600円

注文を受けてからメレンゲを加えてふっくら焼く。とろけたバターの風味も最高。厚い生地は密度も濃くしっとり

コーヒー豆は近くの焙煎所で店専用に焙煎している。写真はブラジルやコロンビア産など3種をブレンドした「ダンディブレンド」。深みのある味わい。このほか2種のテイストを用意

青森産りんごジュース
550円

果汁100%のりんごジュースは無加糖で自然な甘さ

喫茶店ぺドラブランカの店舗情報

東京都品川区戸越2-8-18 [TEL]03-6426-6912 [営業時間]11時~18時(17時LO)※ランチタイム有  [休日]月・火 [席]カウンター7席、テーブル20席 計27席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]都営浅草線戸越駅A2出口から徒歩8分、東急大井町線戸越公園駅北口から徒歩10分

電話番号 03-6426-6912
2017年7月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
シンプルなものほど丁寧に心を込めて一枚一枚に手をかけるザ・貧乏サヴァランの境地!
「とにかくお肉は厚いほうが美味しい」というスタッフの意見からレシピを考案。棒状で届く豚ヒレ肉を丁寧に筋切りし、揚げたあとに余熱で火を通すというカツはすっとかみ切れるほど柔らかく、中に挟み込まれたモッツァレラチーズと口の中で一体に。
東京で生まれ育った店主の増田さんが、親類のいた熱海で店を構えたのは23歳のとき。進駐軍仕込みのメニューや、当時まだ珍しかったサイフォンのコーヒー、ジャズを流す喫茶店には、三島由紀夫や谷崎潤一郎など文人がよく集まった。
あんぱんで有名な『銀座木村家』の知る人ぞ知るメニューが、2階の喫茶で提供されている「小海老のカツレツサンド」だ。軽くふわっと付けられた衣はサクサクで、ぎっしり詰まったエビは絶妙な火加減でプリップリ。
夫婦で切り盛りする小体な喫茶店。店主の坂爪弘樹さんは、「コーヒーもケーキも専門店級の味を届けたい」と数々の洋菓子店や高級珈琲店で修業後、2004年にこの店を開店した。
どこまでも深いスープにフルフルの豆腐、そこへ辛さの刺激が追っかける! 寒さ増すこの時期にピッタリの韓国鍋で体の中から温まろう。
船橋の『まるは』グループが、「日本近海の海の幸を使った鮮魚ラーメン」を引っ提げて東京に進出。割烹料理や大衆居酒屋も営むことから、市場との伝手を生かした、他店では食べられないような贅沢な一杯を目指す。
上質なスイーツはもちろん、ヴィエノワズリーも頂上レベルのこちら。この「パン・オ・レザン」は、ブリオッシュ生地にラムの香り豊かなレーズンが巻かれ、噛んだ瞬間からその甘美な世界にうっとり。
中華料理店として1962年に創業し、2代目の初博さんにより'75年に業態変更。それ以来、蕎麦と中華、オツなつまみが並ぶハイブリット系蕎麦店として愛されている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt
get_app
ダウンロードする
キャンセル