MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
クリスティー(紅茶専門店/原宿)-30種もの紅茶がある。

クリスティー(紅茶専門店/原宿)-30種もの紅茶がある。

原宿の紅茶専門店「クリスティー」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。若者で賑わう竹下通りから1本わき道に入った場所にある紅茶専門店。1980年創業で、カジュアルながらも広く落ち着いた店内は原宿では貴重な空間だ。[住所]東京都渋谷区神宮前1-16-1

perm_media 《画像ギャラリー》クリスティー(紅茶専門店/原宿)-30種もの紅茶がある。の画像をチェック! navigate_next

クリスティー(最寄駅:原宿駅)

産地から30種ものテイストが勢ぞろい自分好みの味に出合える

スリランカ・インド・中国を代表する茶葉を中心に、30種もの紅茶があり、自家製ケーキやスコーン、サンドイッチと好みの組み合わせを探してみるのも楽しい。目移りしてしまいそうだが、紅茶の味や茶葉の違いやおすすめの飲み方についてはマスターの甥である宮本悠輝さんが丁寧に教えてくれるので、紅茶の豊かな世界を実感できるはず。 茶葉各種の量り売りは50g単位で420円~。敷居がけして高くない、初心者にも優しい専門店だ。

クリスティー・ブレンド
720円

店独自のブレンド紅茶は、キーマン、ウバ、ダージリンにキャンディを加えてすっきりとした味わいに。どっしりとしたりんごタルト(450円)の味にぴったり。

左からインド・ニルギリ、スリランカ・ルフナ、ネパール茶
左から520円、570円、620円

産地や茶葉の大きさの違いで、渋みやコクに幅が出る

原宿には外国人観光客も増え、日本茶のメニューを置くことに。「ほうじ茶ラテ」(720円)は静岡県島田市のほうじ茶パウダーを丸ごと使用して、試作をくり返したオリジナル・レシピ。バニラシロップ入りで爽やかな甘さ

クリスティーの店舗情報

[住所]東京都渋谷区神宮前1-16-1 [TEL]03-3478-6075 [営業時間]12時~21時半、日・祝11時半~21時 ※ランチタイム有  [休日]なし [座席]テーブル62席/分煙、土・日・祝は14時~18時全席禁煙/予約可/カード不可 [アクセス]JR山手線原宿駅竹下通り口から徒歩2分

電話番号 03-3478-6075
2017年7月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
番外編として、話題の焼き麺専門店が提供するナポリタンも。モッチモチの麺と濃厚なトマトソース。
隣の老舗喫茶の『さぼうる』の横で営業する、食事も味わえる店がこの『さぼうる2』。まずはその盛り付けの巨大さを見よ!
築地市場駅から朝日新聞本社の表玄関から裏へ通り抜けると、新館(築地浜離宮ビル)が見えてくる。新聞社や市場で働く築地の人々に40年間、愛され続けている老舗で、開店時から変わらぬ味のナポリタンはファンも多い。
喫茶店で欠かせないフードメニューといえば、トーストやサンドなどのパンもの。朝はもちろん、昼でも、店によっては夜でも食べられる”がっつり系”をご紹介!
プリンアラモードやパフェ、オムライスにハンバーグ……昭和を感じさせる昔ながらの喫茶店でありながら、美味しい食事も多彩とあって、何を楽しむか迷ってしまう。が、ここに来たら、やっぱりこれ、ナポリタン!
最新記事
秋葉原のヨドバシAkibaの1階に『ハイカラ・フライドチキン』が2021年10月25日にグランドオープン。唐揚げの名店として知られる新小岩の居酒屋『からあげバル ハイカラ』が、チキンバーガー市場に参戦したのだ。どんなチキンバーガーに仕上げてきたのか!?
“肉系さぬき”を謳う大門にある人気店の2店舗目がこちら。ここで肉好きが避けて通れないのが「スペシャル」だ。
9カ月にわたりシーズンが続く女子プロゴルファー。身体が資本のアスリートですが、個人競技のため食生活の管理は完全に個々に任せられています。旅から旅への遠征が基本で外食も多いため、食事の時間は心身どちらにも大切です。そんな心と身体を解きほぐす“ハートめし“を、女子プロの皆さんが教えてくれます。今回登場するのは”れいちぇる“こと臼井麗香さん。先日も、スタンレーレディスゴルフトーナメント(10月8日~10日、東名CC)で初日に首位に立つなど好調なプレーが目立ちます。れいちぇるが推す地元・栃木県鹿沼市のとっておきのお店を紹介します。
人気貝料理店でありながら、1日100食売れる弁当はバリバリの台湾料理! 系列店が台湾にあるため、本場仕込みの「ルーロー飯」(豚角煮飯)と「ジーロー飯」(鶏肉飯)を日本人の口にも合うように、丁寧に拵えてある。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
get_app
ダウンロードする
キャンセル