MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座|銀座で気軽に楽しむ巨匠の正統派フレンチ(フレンチ/銀座)

ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座|銀座で気軽に楽しむ巨匠の正統派フレンチ(フレンチ/銀座)

リヨンに本店がある「ポール・ボキューズ」は、正統的なフランス料理が手軽な価格で楽しめるブラッスリーだ。地下鉄有楽町線銀座一丁目駅4番出口から徒歩1分

perm_media 《画像ギャラリー》ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座|銀座で気軽に楽しむ巨匠の正統派フレンチ(フレンチ/銀座)の画像をチェック! navigate_next

ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座(最寄駅:銀座一丁目駅)

フランスの庶民的なカフェ・レストランであるブラッスリーの定番料理を、しっかり味わうことができる。「よい素材、よい火加減、よい味付け」を基本にした、奇をてらわないシンプルな料理は、一度食べるとまた食べたくなる安心感。木を多く使った落ち着きのあるインテリアは、カジュアル感のなかにも銀座らしいエレガントで上品な雰囲気に包まれているので、子ども連れの家族から、記念日までさまざまなシーンで楽しめる。 コース料理はもちろん、スターターに最適な「キャロット ラペ」450円などアラカルトも充実。クラシックなメニューを多く揃えているので、これからの季節、定番のカスレやブイヤベース、オニオングラタンスープなどで、体の芯から温まりたい。 また、ポール・ボキューズ氏の家庭料理をシェフが実演でレクチャーする料理教室や料理とワインを楽しむイベントも毎月開催しているので興味のある方はぜひご参加を。

蝦夷鹿のロースト 冬の根菜のボルドレーズ添え(ディナーコース)
4400円(税別)

11月2日から新メニューが登場。写真はディナーのコース料理から、本日のメイン料理「蝦夷鹿のロースト 冬の根菜のボルドレーズ添え」

旬の鯖のミ・キュイとじゃがいものプレッセ

ディナーコースの前菜「旬の鯖のミ・キュイとじゃがいものプレッセ」。バルサミコでアクセントをつけたクリームが、さらに食欲をそそる。

ブラッスリー ポール・ボキューズ 銀座

東京都中央区銀座2-2-14 マロニエゲート10F ☎03-5159-0321_[営]土・日・祝11時〜23時(21時半LO)、平日ランチ11時〜15時半(14時半LO)、平日ディナー17時半〜23時(21時半LO)_[休]無休_[席]約100席_[交]地下鉄有楽町線銀座一丁目駅4番出口から徒歩1分

電話番号 03-5159-0321
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
市場では仔牛を産んだことのない未経産牛が最も価値が高いと言われている。が、果たしてそれは本物の旨さなのか? 
ミシュランで三ツ星を獲得し続ける名店の味を肩肘張らない雰囲気の中いただける。最大の魅力は旬の素材の美味しさをシンプルな調理法で引き出した料理たち。
「冬には温かい料理を何か用意しておきたいですね」という料理長横山さん。「仔牛のクリーム煮込み」も毎年のように作るという。
皿のキャンバスに配した料理はまるでアート。なんて気取ってみたら店主の椿さん、「ただ収まりよくしてるだけです(笑)」とサラリ。
滋賀の食材をメインにしたビストロで、記憶に刻まれるひと皿に出合った。それが近江牛の炭火焼き。中心温度を45℃前後に保ちつつ、炭火に乗せて、休ませてを繰り返すこと3~4回。
最新記事
酒田ラーメンの名店が、創業60年を機に姉妹都市の東京·三鷹市へ。スープは、煮干しとアゴの焼き干し、昆布でとった魚介ダシと、丸鶏とチャーシュー肉、野菜でとった動物スープを半量ずつ合わせたもので、澄んだ黄金色をしている。
月刊誌『おとなの週末』で好評連載中の「口福三昧(こうふくざんまい)」は、漫画家のラズウェル細木さんが、試行錯誤を繰り返しながら食を楽しむ様子を描いた漫画エッセイです。連載をまとめた単行本『ラズウェル細木の漫画エッセイ グルメ宝島 美味しい食の探検へ』(講談社ビーシー/講談社)から収録作品を公開します。ラズウェルさんの“自作解説”とともに、お楽しみください。
丼の中にあったかいスープ、上には野菜がどっさり。それをどけて持ち上げた麺からは湯気がふわ~っ。ハフハフしながら食べるタンメンは、どこか昭和を感じさせます。そんなノスタルジックな気持ちにさせてくれる5杯をお届けします。
本誌でも! おと週WEBでも! 美味しいニュースで“日本を元気にします”宣言! 美味しいニュースを発信する「おとなの週末WEB」の注目度が高まっています。コロナ禍でも元気に過ごせるよう、ステイホームを楽しむためのステキなプレゼントをご用意! ふるってご応募ください。
創業130年以上の歴史におごることなく挑戦を惜しまない5代目の飯田さん。十数年前に考案した「かきあげあんかけ天丼」がじわじわ人気沸騰中だ。
get_app
ダウンロードする
キャンセル