MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
ステーキ・ハンバーグ
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
洋食・西洋料理
ニュース
中華料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
創作ダイニング パルプンテ(創作料理/中野)|中野で常連になりたい店

創作ダイニング パルプンテ(創作料理/中野)|中野で常連になりたい店

中野エリアのダイニング「創作ダイニング パルプンテ」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。スナックの居抜きを自身の手で改装し、開店したのは4年前。小さな厨房ながら、リゾットは3種のダシで炊く、ピッツァは生地から手作りなど、カジュアルイタリアンを中心に和食、創作料理などメニュー数は約40種揃う。

perm_media 《画像ギャラリー》創作ダイニング パルプンテ(創作料理/中野)|中野で常連になりたい店の画像をチェック! navigate_next

創作ダイニング パルプンテ(最寄駅:中野駅)

アイデアと心意気が詰まった料理を目当てに連日酔客でにぎわう常連になりたい店

メニューはまだまだ増加中。「作るのは大変ですけど、来てくれる人を喜ばせたいんです」(店主・山下さん)。その心意気は多くの人に通じ、深夜まで楽しげな声が途絶えない、常連になりたい店に成長した。

さっぱり!! 茄子のカルパッチョ
650円

焼きなすを冷やし、三杯酢とオリーブオイルで食す。アイデア満載の美味なり!

チキン南蛮
S680円

チキン南蛮はおかずにも肴にも◎の人気メニュー。

角ハイボール
600円

焼きチーズリゾット
1200円

看板料理のひとつ。カツオなど3つのダシで炊き、生クリームとパルミジャーノで仕上げる。クリーミーで冷めても美味しく、ワインの肴にぴったり

創作ダイニング パルプンテの店舗情報

[住所]東京都中野区中野3-35-5 [TEL]03-6382-4882 [営業時間]17時~翌3時(2時LO) [休日]火 [席]カウンター7席 テーブル6席 計13席/全席禁煙/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR中央線ほか中野駅南口から徒歩4分

電話番号 03-6382-4882
2017年8月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
はて?ここは何の店?それが第一印象。だし巻き玉子にチャーハン、ピザにタイ風春巻きと料理はノンジャンル。正直、“ハズレ”の予感すらよぎる。ところが! それらの何を食べてもひたすら旨いのだ。
 鍋からすっくとそびえるのはスライスされた神戸牛のロースとバラ。段々煮えてくると中から白菜やニラなどの野菜が姿を現し、下には山形牛のぷりぷりホルモンが潜んでいる。
 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。
京橋エリアをグルメライターが食べ歩いて見つけたおすすめイタリアンバル。オマール海老やトリュフなど高級食材のつまみがワンコイン?! 思わず二度見してしまう安さに「原価率は半分以上です」とシェフの平井さんは笑う。
2017年3月、名古屋市西区の円頓寺商店街から一本入った場所に開店。メニューは、旬の食材を使った御造や煮物、蒸物など料理8品と食事、甘味の「おまかせ」(7344円)のみ。
最新記事
昔懐かしいサンプルケースや、歴史を感じる窓の木枠が、ザ・洋食屋らしい佇まい。昭和11年から守り続けるきちんとした仕事は、ポークカツレツの端正な姿を見れば一目瞭然。
思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えする本記事。レタスの続編です!
昨年末にオープンしたばかりのお店。春の新作のこちらは、クリームチーズのムースをベースにしたタルトに季節のフルーツと色鮮やかなゼリーを重ねたもの。
コロナ禍でなかなか温泉にも行けない状況です。せめて、記事の中だけでも行った気分になりませんか? 本誌で料理写真を撮影しているカメラマン・鵜澤昭彦氏による温泉コラム。温泉好きに馴染み深い3つの格言にあてはまらない会津若松の極上の温泉宿をご紹介します。
みなさま、野菜食べてますか? 本誌の調査内容によって、思うように野菜を摂れない(摂らない)状況が続くと、手が震えてくる野菜大好きライターの市村です。プロフェッショナルたちにお伺いして、身近な野菜や珍しい野菜の美味しさや魅力をお伝えします。今回は「萵苣」!
get_app
ダウンロードする
キャンセル