MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
[中華徳大(中華料理/荻窪)]絶妙しっとり系「チャーハン」

[中華徳大(中華料理/荻窪)]絶妙しっとり系「チャーハン」

荻窪の中華店「中華徳大」のチャーハンのグルメ取材記事と写真のページ。読んで字のごとく焼飯。「しっかり米を焼いて旨みを出すのがうちの焼飯」というのは、2017年で75歳になる店主の青柳禎一さん。[住所]東京都杉並区荻窪5-13-6

中華徳大(最寄駅:荻窪駅)

米の甘みが伝わる絶妙しっとり系「チャーハン」

食券機には焼飯だけで10種以上。「ホウレン草焼飯」も大人気のひとつだ。熱々を口に運び、軽い塩気を感じつつ、嚙みしめるとご飯の甘みを感じるしっとり系。奥様の実家・栃木から直送される搗き立てコシヒカリ、ほぼ塩だけの味付けがその甘みを生かし、自家製の極上ラードが香ばしく米粒を包む。卵の甘みにホウレン草のシャキシャキ感、頂上にはカリッと揚がった豚バラ肉。そのバランスが絶妙で、掻き込む手が止まらない。

ホウレン草焼飯
900円

彩りの美しさもまたそそる。「素材と手間はケチらない」と店主

肉焼飯
900円

細切り豚モモ肉がのったこちらも大人気

中華徳大の店舗情報

[住所]東京都杉並区荻窪5-13-6 [TEL]03-3393-2082 [営業時間]11時半~13時半(LO)、17時半~20時45分(LO)、土17時~20時45分(LO)※ランチタイム有  [休日]日・祝 [席]カウンター13席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR中央線荻窪駅西口から徒歩2分

電話番号 03-3393-2082
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
やって来ました横浜中華街。数多の選択肢がひしめく中で、悩んだらいつも入ってしまうのがこの店。
ふたを開ければ宝石のごとき点心に目も心も奪われる。まずはご覧の蒸し餃子。
 かつて三田にあった中華料理店『味一番』。少年時代、この店のタンメンと炒飯が大好物だった店主・今野さんは、それを再現するため植木職人から料理の世界に飛び込んだ。
世界各国で人気を博す、香港の点心専門店による日本1号店。「ホテルクオリティの味をもっとカジュアルに」を掲げ、厨房でイチから作る点心はできたての提供を徹底。
由比ヶ浜駅と一体化しているディープな中華料理店。地域密着の家庭的な店だが、約20種揃う点心をはじめ、スペアリブのトーチ蒸しや漢方食材入りの薬膳火鍋など、本格中華が手頃に味わえる。
2020年6月、とんでもなくスペシャルなサバ缶がデビューを果たした。その名は「とろさばプレミアム缶」。お値段はなんと「3缶1万円」! 1缶あたり「3333円」と、おそらく「日本一高いサバ缶」凄さは、価格だけではない。 今回は、素材から製造まで、とことん「プレミアムすぎる」サバ缶の魅力に迫った。
東京のおすすめつけ麺店を、グルメライターが実際に試食してレポート!数ある中からイチオシのお店をピックアップしてまとめ記事にしました。誰もが知っている超有名店、一風変わったカレー味や、辛さが自慢のお店など、どこも魅力的なところばかりです。
3356views ラーメン特集
瑞江の駅前で22年、夫妻で切り盛りする和食店。「焼きごはん」は、しっとりと焼き上げて特製の和風醤油ダレの旨みを存分に活かす。
そうめんと言えば夏の定番中の定番メニュー。普段は自宅で食べることが多いけど、わざわざ足を運びたくなるのがこちらの店。
2017年に鎌倉でスタートし、この6月に渋谷に進出したばかりのニューフェイス。ボリューム満点のステーキは、ご覧の2種のほか、サーロインと赤身部位をミックスしたラフカットの計4種を揃えている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt