MENU
ログイン
新規登録
カテゴリから絞り込む
すべての記事
本誌紹介
お取り寄せ
まとめ記事
まとメシ オリジナルコンテンツ
居酒屋・ダイニングバー
カフェ・喫茶店・スイーツ
カレー
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
アジア・エスニック料理
中華料理
テイクアウト・手土産
バル・バー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ラーメン・つけ麺
弁当
和食
コラム
覆面取材で見つけた間違いない店だけを掲載しているグルメ専門誌『おとなの週末』
鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

鯛塩そば 灯花(ラーメン/曙橋)|愛媛宇和島直送新鮮な真鯛を使用

人気つけ麺店『塩つけ麺 灯花』の2号店で、真鯛100%の“ダシ”で楽しむ塩ラーメンを提供。鯛塩そば 灯花 (とうか)[交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩3分 ※ランチタイム有

鯛塩そば 灯花(最寄駅:曙橋駅)

愛媛県宇和島から毎日直送で届く真鯛の中骨だけを使い、濁らないようゆっくり火を入れてダシをひいている。雑味の出やすいカシラは使わず、身がそのまま付いた中骨を使うのがポイント。上品でありながらも、深い鯛の味が楽しめる至極の一杯だ。最後は残った鯛スープをご飯にかけて、さらりとかきこみたい。

鯛塩そば
800円

1杯に1.5匹分もの真鯛のエキスが詰まった贅沢なラーメン。具には低温調理のチャーシュー(肩ロース)や生麩などがのる

鯛塩つけ麺 ~みぞれ仕立て~(中盛)
900円

全粒粉を練り込んだ香り豊かな麺を鯛のダシでいただく。途中、梅肉のペーストを麺に付けるとまた違った味わいに。付け汁には大根おろしが入っているので、麺との絡みも抜群だ

鯛茶漬け(並)
370円

残ったスープを、鯛のほぐし身が入った炊き込みご飯にかけて茶漬け風に。胡麻ダレで和えた鯛の刺し身も美味

鯛塩そば 灯花

東京都新宿区舟町12-13 石原マンション1F ☎03-3354-3303 [営]11時~15時LO、17時~24時LO [休]日 [席]カウンター10席 [交]都営新宿線曙橋駅A1出口から徒歩3分

電話番号 03-3354-3303
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
ユーグレナ(ミドリムシ)を配合した緑麺が代名詞の『麺屋 六感堂』がセカンドブランドを開業。“化学調味料を使わない体にやさしいラーメン”という本店のコンセプトは崩さず、新店舗では郷愁漂う懐かしい中華そばを提供する。
三軒茶屋で週に一度だけ営業していた幻の人気店『月曜の担々麺』が、路面店になって復活。自慢の汁なし担々麺は、以前と同様“胡麻” と“醤油”の2種類を展開していて、早速、新旧のファンを喜ばせている。
ひと口すすれば焦がしネギの芳しさがたまらなく食欲を刺激する。鶏ガラをメインに豚も加えたスープは店主の宮川さんが目指す「あっさりしつつコクのある味」。
アッサリしていながらもクッキリとした味わいが味蕾を、鶏の香りが鼻腔を刺激する醤油味スープ。もっちりしつつツルツル感半端ない中太の麺。
近隣の住民やビジネスマンが足繁く通う人気洋食店。メニューの豊富さと味へのこだわりが、その理由だ。例えば、このポークトマト。
誰でも利用できる都庁の職員食堂が昨年リニューアルし進化を遂げていた! 驚くのが豊富な品数。
最初に向かったのは大子町の『藤田観光りんご園』。ここには金賞を受賞した名物アップルパイがある。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt