MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
大塚屋|名店『くるり』が屋号を変えて再出発(ラーメン/市ヶ谷)

大塚屋|名店『くるり』が屋号を変えて再出発(ラーメン/市ヶ谷)

濃厚味噌ラーメンの人気店『くるり』が屋号を変えてリニューアル。大塚屋 JR市谷駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

perm_media 《画像ギャラリー》大塚屋|名店『くるり』が屋号を変えて再出発(ラーメン/市ヶ谷)の画像をチェック! navigate_next

大塚屋(最寄駅:市ヶ谷駅)

スープの濃度が最も高かったという創業初期の味をイメージし、背脂をたっぷり含んだ濃厚なスープを復活させた。今回、新たな要素としてスープに加えたのが一味唐辛子やラー油などの辛味成分。見た目は真っ赤なスープだが、背脂の甘みが中和してくれるので、辛さがあまり得意でないという人でも美味しくいただける。麺は手もみ風のやや縮れがかった平打ち麺。スープの粘度が高いため、麺にしっかり絡み、スープを“食べて”いるような感覚に。

辛味噌ラーメン
750円

シャキシャキに炒めたモヤシの下には、刻んだにんにく、生姜、玉ねぎが隠れている。ねっとりと濃厚なスープとよく混ぜることで、一層パンチの効いた味わいに。

辛味噌つけそば
800円

つけ汁もラーメンと同じく濃厚な仕様。辛さがほどよく効いたつけ汁の中には、角切りにしたバラ肉チャーシューがゴロゴロ入っている。麺量はたっぷり300g

大塚屋

東京都新宿区市谷田町3-2 トゥービル1F ☎03-3269-0801 [営]11時~15時半LO、17時~21時LO [休]日 [席]カウンター7席 [交]JR市谷駅から徒歩6分

電話番号 03-3269-0801
2015年12月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
コロナ禍において、飲食店が様々なスタイルを取り入れ、攻めの姿勢を見せています。福岡・大濠公園の人気店『焼き鳥 鳥次』、『水炊き橙』が新たに仕掛けたのは、二毛作。昼はラーメン店、夜は鳥料理をメインとした飲み屋です。すでに評判を呼んでいるお店へ行ってきました。
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介。今回は東海地方のラーメンチェーン『うま屋』。チェーンの粋を超える旨さです!
チャーハンとラーメンのセット、略して“チャーラー”。愛知で親しまれるこのセットメニューを愛してやまない現地在住のライター・永谷正樹が、地元はもちろん、全国各地で出合ったチャーラーをご紹介! 今回は名古屋市中村区の中華料理店。思い出の味というチャーラーとは。
店主・本山さんが育った町名を冠した店のイチ押しは、郷里・北海道の白2種と赤1種をブレンドした味噌ラーメン。コクある甘みにラードで炒めたニンニクと玉ネギの香ばしさがふわり漂うスープは、濃厚そうな見た目とは裏腹に、実にやさしい味わいだ。
「ジロリアン」とも呼ばれる熱狂的なファンを持ち、首都圏を中心に約40もの直系店舗がある「ラーメン二郎」。その超人気ラーメン店をこよなく愛し、1人では行きづらいと思っている客の“ガイド役”を買って出ている学生がいます。早稲田大学の大学院修士1年の「清水くん」です。2020年1月からラーメン二郎に一緒について行く「レンタル二郎食べる人」のサービスを開始。160人以上をラーメン二郎に導きました。その“カリスマジロリアン”のインタビュー前編です。
最新記事
写真のランチセットのサラダを見てほしい。つい笑みが出てしまうであろう、豪快な盛りだがこれで普通サイズ。
最近“進化系”が急増中の「サバ缶」。前回の「バターチキン風サバカレー缶」に続き、今回は明太子との夢の競演。しかも手掛けるのは、日本で初めて明太子を売り出した福岡県の老舗店。一体どんな缶詰なのか、どんな味なのか! サバジェンヌが実食レポートです。
ロシア人の祖母から母に受け注がれた、ボルシチやペリメニといった家庭の味に加え、アヒージョ、コンフィといった他国の家庭料理をアレンジした一品も提供。ワインだけでなくウォッカも10数種と充実しているので、気軽に本場の魅力を満喫できると人気を呼んでいる。
9月中旬、東京・目黒の祐天寺前にちょっと異色のフード&リカーショップがオープンした。「Longfellows TOKYO」は、大阪でオーストラリアやニュージーランドのワイン、ハードリカー、食材の輸入業を営む唄淳二(ばい・しゅんじ)さんが「自分が本当においしいと思うものを売る」食のセレクトショップだ。
インドの高級レストランで研鑽を重ねたダスさんが、2011年に開店。以来、気軽に楽しめる本格インド料理店として近隣の人に愛され続けている。
get_app
ダウンロードする
キャンセル