MENU
カテゴリから絞り込む
すべての記事
おとなの週末 オリジナルコンテンツ
まとめ記事
お取り寄せ
本誌紹介
ラーメン・つけ麺
カレー
焼肉・ホルモン・鉄板焼き
ステーキ・ハンバーグ
そば・うどん
和食
鍋料理(すき焼き・しゃぶしゃぶ)
ニュース
中華料理
洋食・西洋料理
アジア・エスニック料理
居酒屋・ダイニングバー
バル・バー
カフェ・喫茶店・スイーツ
テイクアウト・手土産
弁当
ファーストフード
おいしくて、ためになる食のニュースサイト
銀座で細部までこだわった本気の親子丼を食す|親子丼専門店 ○勝(丼/銀座)

銀座で細部までこだわった本気の親子丼を食す|親子丼専門店 ○勝(丼/銀座)

期せずして、脇を固めていた一品が人気メニューになることがある。銀座4丁目の人気焼き鳥店『ばぁーどはうす○勝(まるかつ)』が、ランチや夜の〆で提供していた親子丼がそれだ。

perm_media 《画像ギャラリー》銀座で細部までこだわった本気の親子丼を食す|親子丼専門店 ○勝(丼/銀座)の画像をチェック! navigate_next

親子丼専門店 ○勝|まるかつ(銀座駅)

 メディアでの露出や口コミの影響か、ランチでの提供が追いつかず休止になれば、夜はそれだけを求める人も出てきた。それなら! と、店主の篠原勝さんが、鶏肉を仕入れている稲垣種鶏場に協力を要請。見事鶏肉の生産量増に成功し、同じ銀座の地に親子丼専門店を構えた。2017年5月10日にオープンした同店で食べられるのは全部で4種類。名古屋コーチンの最高級・純系のメス鶏を使った「特上」と、信玄鶏を使用したベーシックな丼に、それぞれ割下で作る通常の味と塩味を用意。 こだわり尽くした本気の一杯をぜひ。

特上親子丼(鶏スープ付き)
1460円

愛知県にある「稲垣種鶏場」の純系名古屋コーチンのメス鶏のムネとモモを使用。自家製の割下と鶏スープで味付けし、鶏肉のコクと濃厚な卵の甘みを引き出す。玉ネギと長ネギの食感がアクセント

信玄鶏の塩親子丼(胡椒味) (鶏スープ付き)
1000円

野菜を煮込んだ鶏スープと鶏ダシ、塩コショウのみのシンプルな味付け。それだけに、ふわっと柔らかな信玄鶏の旨みと、奥久慈卵のギッシリ詰まった旨みがダイレクトに伝わる一杯

親子丼専門店 ○勝

[住所]東京都中央区銀座4-4-1 銀座Aビル2階 [TEL]03-3567-8080 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時(20時半LO)※売り切れ次第終了※ランチタイム有 [休日]水(種鶏場の状況により休業あり) [席]全9席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし [交通アクセス]地下鉄日比谷線ほか銀座駅B1出口から徒歩2分

電話番号 03-3567-8080
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
このグルメ記事のライター
関連記事
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
釧路の長昆布、原木シイタケ、枕崎産の本枯節を厚削りにし、約10時間かけて旨みを抽出したダシが味の肝。三輪素麺や小豆島のオリーブ素麺など各地のそうめんやオリジナリティ全開のフォーがいただけて、ダシ好き、麺好きの私は舌と心を鷲掴みにされてしまった。
明るく広々として入りやすい雰囲気の店内。今年でちょうど70年(2020年3月号発売時点の情報)、親子4代でのれんをつないできた老舗店舗を数年前に改装した。
席につくと、まず出てくるのはお豆腐。「お待たせしちゃ悪いから」と、いつの頃からか始まった気遣いだ。
国産豚ロースを塊で仕入れ、店で切り分けてから注文に応じて揚げている。カツオ節のダシの味を感じる、上品な味付けがうれしい。
最新記事
九州、中・四国の美味しいものを気軽に楽しんでもらいたい。ゆえに魚、肉、ご当地の肴まで幅広く用意する。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな蕎麦のレシピを紹介します。
12月7日(火)に数量限定で、ヱビス4種12缶オリジナルとんすい付き企画品、ヱビス24缶ケースそばちょこ小鉢付き企画品が発売されます。このとんすい、そばちょこ小鉢を使って食べたい、ヱビスにぴったりな鍋のレシピを紹介します。
ここ数年、植物性由来の食材を使い、肉や魚などに似せた「ヴィーガンフード」をよく耳にするようになった。いまや普通のスーパーでも、伊藤ハムや丸大食品などお馴染みのメーカーが作る植物性由来の大豆ミートを使用したハンバーグやハムなどが並ぶコーナーができるほど。しかし、それでもなお珍しいのは海産物系。植物性由来の食材だけで作ったヴィーガン海鮮丼を食べてきた!
親子丼の元祖として知られる『玉ひで』の姉妹店として、暖簾を掲げて今年でちょうど20年。熟練の職人が炭火で炙った端正な焼鳥はもちろんのこと、鶏を使った一品料理も申し分ない実力派。
get_app
ダウンロードする
キャンセル